2011年05月31日

福島市内に滞在していた池田元久・経産副大臣が発病して入院 

原子力災害現地対策本部(福島市)本部長(副大臣)が入院 

※ 福島市に赴く前は体調に格段の変調がなかったらしい池田元久副大臣が、福島市内で入院を必要とするほどの体調悪化となった。政府が池田元久副大臣が入院したことを「ひた隠し」にしていたことと何か関係があるのかもしれない。過労が原因での入院なら、隠す理由がない。 


            ↓



Hiro Teradaira
http://twitter.com/#!/HiroTeradaira80/status/75426890055294976
原子力災害現地対策本部長で経産副大臣の民主党・池田元久が5月19日に体調不良で入院し、自宅療養中であることが発覚。しかも政府はこの事実を隠蔽していた疑いが強い。この男「命懸けで」などと調子のいい事を言っていたが、復興の最重要職務をあっさりと投げ出してしまった。その間政治家は不在だ



☆福島の現地対策本部長が入院 復興特別委 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000552-san-pol

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/175.html

海江田万里経済産業相は31日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、福島市内に置かれている原子力災害現地対策本部の池田元久本部長(経産副大臣)が今月19日に体調不良で入院し、自宅療養中であることを明らかにした。現在、経産省原子力安全・保安院の次長が代行している。



☆現地本部長の池田氏、体調崩して入院 (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000489-yom-pol

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/176.html

海江田経済産業相は31日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第一原子力事故に関し、福島県庁内に置かれている政府の原子力災害現地対策本部の本部長を務める池田元久経済産業副大臣が19日に入院し、現在は自宅療養中であることを明らかにした。




posted by はなゆー at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。