2011年06月09日

東京都は「放射能汚泥」を焼却し、灰を東京湾に埋め立てているが

☆都下水処理施設内で高放射線量…避難区域に匹敵
(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000603-yom-soci

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/455.html

都によると、この施設は都下水道局の「南部スラッジプラント」で、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却し、灰を東京湾に埋め立てるなどしている。


              ↓


20 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区)[sage]
投稿日:2011/06/08(水) 18:27:21.26 ID:73eXrVtH0 [1/4]
これが一番怖いと思うんだが…。
埋立地怖いしこれ液状化したら何が起きるんだ?



25 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(catv?)[]
投稿日:2011/06/08(水) 18:45:55.22 ID:V7PCTwuw0 [1/3]
湾岸は放射線管理区域




posted by はなゆー at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
焼いた灰が全て炉の中に残ればいいが、空気中に飛散する部分が周辺地域を汚染することは考えていないのか。高性能のフィルターもついていない、汚泥焼却炉を稼動するだけ、炉の中の灰を埋設して監視を放擲するやり方の愚を少しは考えなさい。
Posted by 汚泥をつつく愚 at 2011年06月09日 09:55
日本自滅をもたらす日本政治・行政の愚劣さが、なんて多方面で発露・発覚していることか。
Posted by たつまき at 2011年06月10日 06:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。