2011年06月09日

〔原発事故〕海外メディアは「福島大惨事」との呼称を開始している

「Fukushima disaster」


☆Europe divided over nuclear power after Fukushima disaster
(英紙ガーディアン)

http://www.guardian.co.uk/environment/2011/may/25/europe-divided-nuclear-power-fukushima?INTCMP=ILCNETTXT3487

Europe's nuclear power faultlines in the wake of the Fukushima disaster were exposed on Wednesday as Switzerland moved to phase out its nuclear power plants and the extent of British and French lobbying to water down nuclear safety checks was revealed.


              ↓


newclearair
http://twitter.com/#!/newclearair/statuses/78431326998507520
「福島大惨事の後、分かれるヨーロッパの動き」英ガーディアン記事全訳
http://genpatsu.wordpress.com/2011/06/08/europe-nuclear-after-fukushima/

「学ぶべき最も重要なレッスンのひとつは想定外の事態が起こりえる、ということだ。つまり、2つの自然災害が同時に起こりえる」と、委員会は合意書を発表しながら述べた。

中でも人為的な災害は突出した問題であることも認められた。飛行機の衝突、工場近辺でのガス・コンテナや石油タンカーの爆発などはストレス・テストの基準に入れられるが、テロ攻撃は別に反テロリズムのエキスパートや国家安全保障の担当となり、この点についてロンドンは論議を勝ち取ったことになる。



posted by はなゆー at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。