2011年06月10日

保坂展人・世田谷区長が「疑惑の計画停電」を追及

shinshyu
http://twitter.com/#!/shinshyu/statuses/74680601931821056
映画「東京原発」で印象に残った台詞の一つに「東京で一度停電を起こせば都民にも原発の必要性が分かる」というようなのがあった。計画停電にその効果はあったのだろうか。



保坂展人(世田谷区長)
http://twitter.com/#!/hosakanobuto/statuses/78846887310016513
東京電力が全エリアで電力使用量のリアルタイム開示をしているが、「東京23区」という単位になると一日遅れになるという説明に納得がいかない。地域別の電力使用量は把握出来ないのに、どうやって「計画停電」の地域別の判断をしたのだろうか。




☆世田谷区・保坂区長要請に 東電、開示「23区全体なら可能」
(TOKYO MX NEWS)

http://www.youtube.com/watch?v=Bw2A2_1bDC8

http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201106096.html

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/516.html

世田谷区の保坂展人区長が先月末、東京電力に区内の電力の使用状況を公開するよう要請していた問題で、きょう東京電力から「23区全体であれば電力の使用状況の開示は可能」という回答を受けました。

世田谷区の保坂区長は過剰な節電対策は経済活動に影響を与えるとして、先月末、東京電力に世田谷区内の電力使用状況の開示を求めていました。きょう午前、東電渋谷支社長らは世田谷区役所を訪れ、情報開示について「区の単位ではできないけれども23区全体で前日の1時間ごとの実績値であれば開示可能」と回答しました。




☆23区など除外、時間短縮…計画停電で新方針 (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110609-00000906-yom-bus_all

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak47/msg/780.html

東京電力は9日、万が一、今月20日以降に電力需要が供給を上回る恐れが出た場合に実施する計画停電について、運用方針を発表した。

1都8県の供給エリアは、原則として3月と同じ5グループに分ける。ただ、東日本大震災の被害が大きかった地域などは対象からはずす。具体的には、茨城県の全域、千葉県浦安市の一部、我孫子市、旭市などだ。東京23区については、前回は停電対象地域があった荒川区と足立区も含め、すべてを対象外とする。


posted by はなゆー at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック