2011年06月14日

米国世論調査「アジアで最も重要なパートナーは日本ではなく中国」

☆米国の「アジア最重要パートナーは中国」、日本を抜く=調査
(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

http://on.wsj.com/la177G

中国をアジアの最重要国としてとらえる傾向は有識者の間でより顕著にあらわれた。「アジアにおける米国の最も重要なパートナーはどの国か」という質問に対する「有識者の部」の回答は、中国が46%とトップ。3年前の08年には38%だった。一方、日本は08年の54%から28%にポイントを約半分に落とした。


★「パックス・チャイナメリカ」の時代が来たということであろう。

【送料無料】米中逆転

【送料無料】米中逆転
価格:760円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。