2011年06月14日

民主党所属の福島県議が「今の政府を全く信用していません」

石原信市郎(福島県議。民主党福島県第1区総支部常任幹事)
http://twitter.com/#!/kurosuke_0119/status/80591358120824832
私は今の政府を全く信用していません。県は60本以上の要望を上げながら実現したものはほんの微々たるもの。3カ月たっているのになんのリアクションもない国の責任は大です。何もしていないのに居座る菅政権は自己保身の末期症状です。



石原信市郎(福島県議。民主党福島県第1区総支部常任幹事)
http://twitter.com/#!/kurosuke_0119/status/80587435364458496
僕は今の政府を信用していません。悪意なのかそれとも能力がないのか、ミスを誤魔化そうとしているのか、いずれにしろ今のままでは福島県民は浮かばれません。



うにょ
http://twitter.com/#!/naturalgreeeen/status/80503226813788160
石原さんは県民の声を懸命に聞こうとなさっていると感じていますが、佐藤知事をリコールしたいという意見が出ていることについてはどうお考えですか?



石原信市郎(福島県議。民主党福島県第1区総支部常任幹事)
http://twitter.com/#!/kurosuke_0119/status/80545934236327936
リコール??今の日本は3割自治なのですよ。市町村も県も3割しか自治が無いと言われています。リコールするのであれば菅でしょうね。僕は自民党から内閣不信任案が出たときにはこれで福島は救われると思いました。


胡麻緑
http://twitter.com/#!/mirukumi/status/80586023477854208
菅氏は、国民が被ばくすることを防げず、未だに放置している。それでいて、自然再生エネルギーに転換とかなんだとか、それを口にする前に重大な責任の所在を明確にし立ち去るべき。国民への背徳行為をなしたのに、次のエネルギーを持ち出し脱原発へ立ち上ってきた国民の流れに乗じようとしてるのでは。




posted by はなゆー at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。