2011年06月14日

〔放射能〕いわき市から広野町までガイガー警報が鳴りっ放し

東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/80616079424106497
今日は千葉から海沿い一般道を通って計測しつつ広野町規制地まで。驚くようなことが分かった。いわき市平まで東京東部・松戸・柏より高い線量地はない。鉾田市が葛飾区と同じ高線量だが房総や鹿島市は軽い。いわき四倉から先は彼岸の世界。200CPM、2μSv/h台を初めて見た。警報止まらず


東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/80617268177936384
200CPM台の出るいわき市四倉・久之浜の国道脇を登下校の小学生が楽しそうに歩いている。民家には車が駐まっている。人々が何の警戒心もなく普通に仕事してる。ここに住めば年間20ミリS被曝。胎児の一割が重度知的障害児になる。子供達の首にはやがてチェルノブイリネックレス。数年後は死の町


東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/80618228761628672
R-DANとRADEX1503がフロントガラスの前でけたたましい警報を出し続け、いわき市から先、広野町まで警報の止まる場所がない。鳴りっぱなし。室内(注:おそらく自動車内のことであろう)で100カウント、下車すれば200カウント、こんな凄まじい被曝環境に国民を平然と住まわせ続けてる。数年後には恐ろしい事態を知りながら
 

東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/80618988694028288
四倉から先、久之浜で初めて鼻腔にピリピリ感を感じた。これが鼻血をもたらすのかと納得。確かに金属の味がする。採取したサンプルもぴーぴー鳴ってる。山下・中川・稲らは何の心配もない健康にいいと断言してる土だ。是非進呈したいものだが比較試料として大切に使おう。柏市の土壌も管理区域水準だ


東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/80620594512670720
なおR−DAN100カウントはチェルノブイリでは強制避難区域でした。年間10ミリ被曝地域で放射線管理区域(年間5ミリシーベルト)を超える非常に危険な場所ですが、日本政府は。ここに平然と妊婦乳幼児を安全と偽って住まわせている殺人犯罪を行っている!




posted by はなゆー at 23:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなゆーさんから
東海ママに伝えて欲しいんだけど、

野田市の辺りね
キッコーマンのしょうゆとか作ってると思うんだけど、
徹底的放射能調査をお願いできないかな

しゃれにならん数値が出るとひとしきりパニックになると思うけど、
イタいお猿さんたちの目を覚ますには現実を見せることが必要でしょう
Posted by まめ at 2011年06月15日 02:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。