2011年06月15日

〔狂乱の為政者〕静岡県知事「NHKニュースで風評被害をうけた」 

伊藤隼也(ジャーナリスト&写真家)
http://twitter.com/#!/itoshunya/status/80874067518955520
静岡のお茶問屋さんから切実な内容のメールを頂きました。近いうちに、生の声はお伝えしたいと思いますが、政府・行政の食品汚染への施策は大きな問題があります。特に国際的に通用しない暫定基準値の設定や不十分な検査はあらゆる問題を引き起こし東日本の食品関連の全てを壊滅の危機に晒すと考える。




☆静岡知事、「報道で風評被害」と主張 (読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110615-OYT1T00011.htm

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/799.html

製茶から国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題で、静岡県の川勝知事は14日の記者会見で、「報道が風評被害をあおっている」とNHKを名指しで厳しく批判した。

川勝知事は「風評被害の最たるものは、一部のここにいる人たちです。9日の9時台の全国ニュースは、『静岡県で暫定規制値を上回るものが出た』。なんというふらちなことだ。一局所を全体であるかのごとく報道する、本当に道義的に問われるべきだ」と激しい口調で批判した。

さらに、「公器であることをわきまえなさい。1面トップや、NHKを見た人が、見出しと報道で、静岡茶は全部やられたと思っています。一部をもって、全体にした反省をしていただきたい。責任重大ですよ、君たち」と批判を続けた。


              ↓


伊藤隼也(ジャーナリスト&写真家)
http://twitter.com/#!/itoshunya/status/80889277105446913
僕が県知事なら(あり得ないが)静岡のブランドとそれを買って頂く消費者を守る為に
@県内の放射線汚染の実態を徹底調査して公表。
A暫定基準以下の国際的に通用する独自基準を創設して安全性を追求
B独自基準値越えは自ら直ちに公表
C独自基準値越えは生産者保護の為に東電及び政府に直ちに賠償請求 



伊藤隼也(ジャーナリスト&写真家)
http://twitter.com/#!/itoshunya/status/80890852175646720
Cお茶や農産物を守る対策を研究者などとおこない、知事が放射線汚染改善の先頭に立つキャンペーンを実施
D静岡ブランドを守るための明確なメッセージを出す。
E汚染されたお茶の活用法を考える。
F静岡ブランドを守るプロジェクトチームを創設する。
G被曝者への健康サービスを静岡がんセンターで創設


posted by はなゆー at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊藤隼也氏に全く同意。

川勝知事は静岡茶が少しでも原因になり「何か」が起こったとき、この責任を取る覚悟があるのだろうか。
Posted by @dm at 2011年06月16日 01:50
伊藤隼也氏の意見に全く賛成。
県知事本人が、風評被害をもたらす張本人である
こと、静岡県庁にメール、FAXを送り付け認識させよう。
Posted by M.S. at 2011年06月16日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック