2011年06月17日

〔放射能〕東京都大田区で飛散している高濃度セシウムを政府が隠蔽?

きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/#!/kikko_no_blog/status/81390389596127233
大田区議、やながせ裕文さんのブログです。
とにかくリンク先を読んでみてください。
これが本当なら、江東区のスラッジプラントの近くのグラウンドから1平方メートルあたり23万ベクレルものセシウムが検出された事実もツジツマが合いますね。

                  ↓

http://yanagase.jugem.jp/?eid=93

【6月16日】

南部スラッジ施設内で、どれくらいの放射線が測定されているのか。東京都の測定結果を明らかにしておきます。

(5号炉)     
ホッパ室内 0.063(0.048)
煙突     0.038(0.030)

(混練施設棟)
混練養生床 1.088(0.756)

(レンガ棟)
混練仮置き場(コンクリ塀から1m) 1.174(0.662)
混練仮置き場(コンクリ塀上)    2.693(2.677)

単位:μSv/h 
測定日:6月6日14時頃(6月8日10時頃)

ちなみに、6月6日の私の調査では、

煙突 2.45〜2.58
混練養生床 1.8〜2.1
混練仮置き場 3.08

となっていて、煙突付近だけ東京都の測定と結果が大きく異なります。ここが問題。私の調査が正しければ煙突から排出されるガスから放射性物質が飛散していることになります。風向きや時間帯、焼却炉の稼働有無によって異なるのかもしれません。引き続き、東京都には徹底した調査を要請しています。



posted by はなゆー at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。