2011年06月17日

次期国政選挙には「タレント候補」が多数出馬との見方も

74 名前:闇の声
投稿日:2011/06/16(木) 20:38:15.08 ID:tOf1hLQx [2/11]

まず、松澤と吉本の話だけれども、各事務所とも今知的タレントの獲得に血道をあげている。
最大の理由は言うまでも無い、池上彰の二匹目のドジョウ狙いなのだが、その背景にあるのは知的な番組をテレビ局自体で作れなくなっている事が挙げられる。
もはやバカ番組では視聴率が上がらない上にあれやこれやの利権が絡んでしまい
保身を図る上層部と世間を見ない制作現場とで意思の疎通が図れていない。
それなら丸投げしてしまえという背景が一つ・・・


もう一つは先物買いだろうね。

吉本はタレント議員時代がまた来るのではと踏んでいるとも聞いた。

それはどうなのかなとは思うが、このところのタレントや知識人たちの反原発運動を見ればこの連中が選挙に出てくるだろう事は想像に難くない。

皆さんバラエティ選挙にバラエティ政治したいんでしょ??


ここを見ても、府中だか立川の断層にベクテルが何か埋めたって書いてある。
地震起こしたら東京がめちゃくちゃになって貰える金も貰えなくなるのにね。
そう言う常識さえ通じなくなってる時代ですよ・・・それに吉本が目を付けない訳無いですな。




75 名前:名無しさん@3周年[sage]
投稿日:2011/06/16(木) 20:47:22.72 ID:nXNng6eI [2/2]
公債特例法案が止まったままの現状を見るに、国会がタレント議員だらけになってもさして変化ないように見える。
元々機能してないんだからしょうがない。
7月以降はどうなるのか、行き着く所まで行くのを見届けるのも一興というもの。




175 名前:闇の声
投稿日:2011/06/17(金) 09:08:32.73 ID:1iGIlR05 [4/5]
小沢は確かに忖度政治を展開して、陳情を全て一本化した。
しかし小沢の読み違いは、党中央に事務処理能力があると思っていた事だ。
実際には皆無な上に情報が様々な処に流失して行った。
党中央でさえそんな状態だから地方に行けばもっと酷い。
元々改革するぞの掛け声は上げたがそれ以上なにが出来たんだと思う。
と言うか、掛け声で国民を騙したのは事実だからね。

ニワトリと卵だなと思うのは、地方自治を知っている専門家を張り付ければどうしても従前の考え方や仕組みに影響される・・・じゃあ柵の無い人物はどうなのかと言えばこれは何も知らないからどこから手をつけて良いか判らない。
市民運動家に聞けば公共事業は悪で政治家はもっと悪いですしか返って来ない。
言うほど考えて無いのが実態なのだ。
一つ言える事は、公共事業悪玉説の弊害こそ問題であり、道路にせよ箱モノにせよ必要な物はやるべきなのだ・・・その言葉さえ発する事が出来ない。

公共性と言う言葉がどこかに消えて、自分の影響力を使って何でもやっちゃうぞと言う状態になっている。

だから音楽家や役者が原発を無くせ潰せと声を上げ始めた・・・彼らは産業構造を解ってるのかね??
お金が無くなったら誰が芝居や映画を観るか!!
実際震災以降芝居の有料入場者数は半分以下に落ちたままなんだから・・・
映画だって滑りっぱなしだ。
自分の食いぶちが無くなる事さえ判らないで暴れるんだから手がつけられない。
しかし、それらの声をメディアが拾い、そして流すから変な世論構築に繋がる。

地方自治だって批判する連中はその地方見に行ってるのかと思う・・・
だから余計客観的な検証が必要であり、その意味での政権交代だったはずだ。

【送料無料】ポピュリズムを考える

【送料無料】ポピュリズムを考える
価格:1,050円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。