2011年06月17日

峠三吉「原爆詩集」はこんにちの福島県の惨状を予言していた

竹山タル
http://twitter.com/#!/takeiteasyya/status/81626966146551808

今の日本に突き刺さる峠三吉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%A0%E4%B8%89%E5%90%89
「原爆詩集」。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001053/files/4963_16055.html

「ちちをかえせ ははをかえせ/としよりをかえせ/こどもをかえせ わたしをかえせ わたしにつながる/にんげんをかえせ にんげんの/にんげんのよのあるかぎり/くずれぬへいわをへいわをかえせ」
まだ被曝の実感がない? 冗談じゃない!



森原秀樹(社民党)
http://twitter.com/#!/HidekiMorihara/statuses/81373088654163968
南相馬市からの避難者のお話を米沢市で伺い、その後南相馬市に赴き留まる方々のお話も伺った。逃げても残っても暮らしは壊され将来見通しが立たない。「棄てられた放射能難民」という言葉が耳に残る。政府・政治不信の深刻な拡がりを肌で感じた。最悪想定せず、情報を隠し場当たり対応を続けた結果だ。

日本原爆文学選

日本原爆文学選
価格:1,050円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。