2011年06月17日

【重要】アメリカ西海岸で妊婦の早産・流産・奇形児出産が急増している

37_co
http://twitter.com/#!/37_co/status/80469095597879296
震災後、私の周りはベビーブーム状態なのですが、5月半ばから流産報告が続いています。昨日で3件目。全員いわゆる「安定期」を越えて母子手帳交付済み@東京近郊です。安定期を超えて流産の報告をこんなに聞いた事がないので、なんだか恐ろしく思っています。。


江神ヒロ
http://twitter.com/#!/hiroegami/status/81705754591113216
東京で。。。かなりショックです。妊婦さんはが逃げなきゃなんないのは、福島だけじゃないんですね。あたしの経験でも安定期で流産とか聞いたこと殆どないです。




☆菅総理の余命カウントダウン (浜田和幸氏のブログ)
http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki/entry-10923547714.html

今日特に気になったのは、アメリカの西海岸における「福島原発の放射能汚染の影響とみられる、妊婦の早産、流産、奇形児出産の急増」という報道である。

全米の異常出産の増加比率が2.3%であるにも係わらず、ワシントン、オレゴン、カリフォルニアなどでは35%に達している。

3月11日以降、5月末までのデータで、こうした異常事態が明らかとなり、原因は日本からの放射能との見方が一般的である。

因果関係は立証されていないが、アメリカはじめ世界から日本への新たな風評被害は広がる一方である。




☆Is the increase in baby deaths in the northwest U.S. due to Fukushima fallout? How can we find out?
(San Francisco Bay View)
http://sfbayview.com/2011/is-the-increase-in-baby-deaths-in-the-northwest-u-s-due-to-fukushima-fallout-how-can-we-find-out/

U.S. babies are dying at an increased rate. While the United States spends billions on medical care, as of 2006, the U.S. ranked 28th in the world in infant mortality, more than twice that of the lowest ranked countries. (See Table 20, page 131, “Health, United States, 2010,” issued by the Department of Health and Human Services, Centers for Disease Control and the National Center for Health Statistics in February 2011.)





《「染色体の異常」により流産した埼玉県の女性》

Maiko Kashima(埼玉県の浦和。過去に1人出産)
http://twitter.com/#!/micocoa13/status/81700104414822400
明日から12週目だと思ってたら、実は流産してて…でも出血してないし、今も悪阻あるけど、残念ながら今回はダメだったみたい。今日健診で心臓動いてなかったんだー。


Maiko Kashima(埼玉県の浦和。過去に1人出産)
http://twitter.com/#!/micocoa13/status/81702097694887936
先生の話だと、健康な夫婦での妊娠でも15%の確率で流産するそうで、原因は精子と卵子のマッチングが悪くて、染色体の異常が起こって、何らかの奇形があるのが一般的みたい。




▼放射能動画  2011年のキエフ病院の子供たち。奇形の割合は減るどころか増している。
http://youtu.be/kFP-xx68q6Q

            ↓

堀成美(聖路加看護大学)
http://twitter.com/#!/narumita/status/81504465445855232
早く疎開をした知人はこの染色体ダメージを危険視していました。





☆小児がん科医として、フクシマの子どもたちの命を思いやる
(スイス国際放送)
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=30358134

swissinfo.ch:小児白血病はほかのがんと同様、染色体の変異から起こると考えていいのででしょうか。

リドルフィ :その通りだ。現在スイスでは、患者から20ミリリットルほどの骨髄液を採取して染色体を調べる。その結果、23組ある染色体のうち異常を起こしている染色体の番号によって白血病のタイプが判定できる。

ある番号の染色体が切断され、ほかの番号の染色体に転座し、融合してそこに異常融合遺伝子を形成する。その結果、がん細胞が異常に増殖したり、成熟細胞への分化が困難になりがんにかかる。どの染色体のどの遺伝子が細胞形成サイクルのどの段階で問題を起こすかも分かってきている。

もともと白血病と染色体異常には関係があると考えられていた。私の勤務先の病院でも白血病の子ども30人に3人の割合でダウン症の子がいたからだ。ダウン症は21番目の染色体が1本多いため起こるが、それはもともと染色体が不安定だからだ。このため染色体の転座などが起きやすく白血病にかかりやすいのではないかと推測された。

(略)

swissinfo.ch : こうした染色体異常を起こすものに、ウイルスや発がん性物質もありますが、放射線は代表的な原因ですね。

リドルフィ : 放射線が染色体を切断し損傷することは知られている。また放射線が、がんの原因であることは、広島・長崎の原爆投下数年後、白血病の子どもが増え、さらにその数年後固形がんの子どもが増えたことでも証明されている。

チェルノブイリでも白血病の子どもが増えた 。





☆原発事故「最も憂慮すべきは遺伝子変異」
(スイス国際放送)
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29799892

しかし、がんのリスクの増加以上にもっと深刻な問題は遺伝子への影響だ。それも世代を越えた影響だ。最新の研究では、少量の吸収線量でも継代的な影響がありうることが分かっている。

イギリスにあるセラフィールド (Sellafield)の使用済核燃料の再処理工場に勤務する人たちの子どもには白血病のリスクが高い。これは父親の吸収線量と関係があり、子どもたち自身は放射線にさらされていない。原発事故だけでなくこうした通常の場合でも、人間ならび動植物の遺伝子に損傷が発生する。

(略)

それに対し、チェルノブイリの事故後に解体作業者として入った父親から被曝後に生まれた子どもたちには一定の割合の遺伝子 (ミニサテライトDNA) に相当数の変異が見られた。遺伝的な視点で見ると、今回の福島第一原発の事故は深刻なケースだ。





《アメリカ西海岸シアトルでも金属味を訴える人が続出》

519 名前:情報(チベット自治区)[1]
投稿日:2011/06/14(火) 13:51:08.97 ID:AszWhAnd0 [1/2]

アメリカ西海岸シアトルでも金属味を訴える人が続出
金属味は放射能被曝の証拠 ガイダーセン博士(動画)

http://vimeo.com/25002205
Hot Particles From Japan to Seattle Virtually Undetectable
when Inhaled or Swallowed



520 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(長屋)[sage]
投稿日:2011/06/14(火) 14:01:56.45 ID:3xcrMYVN0
意味がわからん、なんで?
そんなに飛ぶわけないんだが?



521 名前:情報(チベット自治区)[1]
投稿日:2011/06/14(火) 14:04:23.35 ID:AszWhAnd0 [2/2]
アメリカにも様々な核種が観測されている
人間の味覚は非常に高感度であり極々微量の放射性物質でも感知できる。




《米国西海岸の住民も「内部被曝」が進んでいる可能性》

飯塚真紀子(在米ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/makiko_iizuka/status/80042325702746114
ガンダーセン氏によると、ホット・パーティクルは、4月に、東京では日に10個吸い込まれており、福島では東京の30〜40倍は吸い込まれているだろうということ。シアトルでは日に5個ということです。じょじょに内部被曝が進んでいるということでしょうか。
http://fairewinds.com/content/hot-particles-japan-seattle-virtually-undetectable-when-inhaled-or-swallowed



飯塚真紀子(在米ジャーナリスト)
http://twitter.com/#!/makiko_iizuka/status/80039816682684417
ガンダーセン氏の最新ビデオにもホット・パーティクルという言葉が出て来ますが、これにはセシウムやストロンチウム、プルトニウム、ウラニウム、コバルト60などいろいろ含まれています。




《福島原発事故以降、米西海岸の乳児死亡率が35%増加》

A K
http://twitter.com/#!/akira0000k/status/80039980856115200
3.11以降世界的に子供の死亡率が急上昇している
http://www.counterpunch.org/sherman06102011.html
A 35% Spike in Infant Mortality in Northwest Cities Since Meltdown
Is the Dramatic Increase in Baby Deaths in the US a Result of Fukushima Fallout?



東海アマ管理人
http://twitter.com/#!/tokaiama/status/80047747830513664
福島原発事故以来、アメリカ西海岸1才以下の乳児死亡率が35%増加。放射線との関連が懸念されている
http://sfbayview.com/2011/is-the-increase-in-baby-deaths-in-the-northwest-u-s-due-to-fukushima-fallout-how-can-we-find-out/




《雑多なメモ》

戸谷真理子
http://twitter.com/#!/irukatodouro/status/81706785722998784
3月のですけど、アメリカなど北半球の放射能拡散状況(フランスIRSN動画)
http://www.youtube.com/watch?v=bd4tm7Et5tM





posted by はなゆー at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。