2011年06月25日

フィリピンは「水力・地熱・風力の発電能力」を今後3倍に増強

marojin
http://twitter.com/#!/marojin/status/84374912013312000
フィリピン政府は再生可能エネルギーの発電能力を2030年までに現在の3倍近くの約1530万キロワットに拡大する目標を発表した。水力や世界第2位の規模とされる地熱、風力の活用推進により総発電能力に占める比率を50%に引き上げる。


marojin
http://twitter.com/#!/marojin/status/84375169354833920
中東の政情不安による原油高や、東日本大震災に伴う原発の世界的な退潮傾向などを踏まえ、慢性的な電力不足に対応する。 比は化石燃料資源に乏しく、エネルギー自給率は60%程度。比の再生可能エネルギーの発電能力は昨年、約540万キロワットで、総発電能力の33%だった。


posted by はなゆー at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。