2011年06月29日

みんなの党が掲げる「脱原発」は“疑似・脱原発”との冷静な見方

☆みんなの党「脱原発」推進へ 政策の柱に
(6月24日の共同通信→東京新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/350.html

みんなの党の渡辺喜美代表は24日の記者会見で、福島第1原発事故を受け新たに「脱原発」を政策の柱に掲げると表明した。太陽光など再生可能エネルギーの普及に向け、発送電の分離や電力会社による地域独占打破の必要性を指摘。停止中の原発再稼働については「草の根の住民レベルの議論を踏まえ方向を決めていく」と強調した。

また、次期衆院選で東京4区に投資運用会社社員の広瀬雅志氏(53)を公認候補として擁立すると発表。広瀬氏は長崎市出身の被爆2世で「脱原発」を訴えている。


             ↓


299 名前:無党派さん[]
投稿日:2011/06/29(水) 00:17:16.40 ID:ZI1Vyz8j
党として
本当に脱原発でいいのか?



300 名前:無党派さん[]
投稿日:2011/06/29(水) 01:08:17.07 ID:aPO6Q7Wr [1/2]
共産党や社民党のようなラディカルな主張はしてないよ
今動いてる原発を止めろとは言ってないし
停止中の原発の再稼動についても
「住民レベルの議論を踏まえ方向を決めていく」と
世論しだいでは賛成の立場




posted by はなゆー at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。