2011年06月29日

〔放射能〕考察「北海道の鮭やカラフトマスからセシウム検出」

☆北海道の鮭・カラフトマスで検出されたセシウムについて
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/529.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 6 月 29 日 08:07


この前、報道発表があった北海道・東北沖で捕れたシロサケ・カラフトマスに含まれるセシウムの量がこれだ。Google Mapで緯度経度を入力すると捕れた地点を地図上にプロットできる。この時期の鮭・カラフトマスは、南から北へと北上する(秋鮭は、反対に南下する)。


4/15 N41.05 E145.13 シロサケ(Cs137 0.45)

4/22 N42.53 E145.38 樺太マス(Cs134 4.39,Cs137 4.91)

5/19 N39.17 E145.30 シロサケ(Cs134 1.64 Cs137 2.31) 樺太マス(Cs134 33.44 Cs137 43.24)

5/28 N41.06 E146.28 シロサケ(Cs134 3.43 Cs137 3.95) 樺太マス(Cs134 2.53 Cs137 4.01)

6/18 N41.58 E145.52 樺太マス(Cs134 1.85 Cs137 2.75)

6/19 N41.57 E145.58 シロサケ(Cs134 0.64 Cs137 1.05)


5月19日の樺太マスの値が大きく、食べれない水準だが、N39.17 E145.30というのは、岩手県宮古沖合い200kmくらいのところ。この領域で捕れたこのカラフトマスは、セシウムで汚染された海域近くを通って北上してきたか、あるいは、この領域そのものが既に汚染されてしまっているか、そのどちらかであると考えてよいだろう。

反対に釧路沖などはまだ本格的には汚染されていない。

北海道庁は北海道産の海産物の安全性をアピールするためにこういうデータを公表したらしいが、岩手県沖で捕れた魚を北海道で水揚げすれば、セシウム入りの魚を水揚げすることになる。要するに、北海道でも日本海側の魚じゃないと安全ではない、という話になるので、岩手県沖で操業した漁船の北海道での水揚げは拒否して欲しい。

時間が経てば、釧路沖にもセシウムが到達するかもしれないので、定期的なモニタリングをしてくれるとありがたい。

セシウムの海水域(塊)が北上しないで、そのまま東へ行きつつ、深海に沈んでくれればいいが、もし北上してしまえば、北海道沿岸の漁業が壊滅してしまう。北海道産の海産物は、日本海側か、オホーツク海側で捕れたものしか食べれなくなる。

安全な食べ物がいよいよ東日本から消え始めた。我々は、ベラルーシ共和国と同じように、極めて生活の質が低下した国として、将来の癌発症の大きなリスクを抱えつつ、汚染された食べ物で生き延びるしかないのか。ここまで生活の質が低下してしまえば、もはや先進国などとはいえず、放射性廃棄物が流通するただのゴミ捨て場になってしまった。  




posted by はなゆー at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。