2011年06月30日

保険会社がカタログを改訂「被曝による健康被害は対象外」

くみんちゅ
http://twitter.com/#!/kuminchuu/status/86323785275420672
ほとんどの保険会社のカタログには「被曝による健康被害は対象外」と小さく載せ始めたようですが、「医学的根拠が分からない」のなら、すべてに適用されるはずです。




《アーカイブ〜保険会社は国会議員にさえ、そう簡単には保険金を払わないのだ》

三宅雪子(民主党代議士。バイオニック)
(注:このツイートは削除されている)
http://twitter.com/#!/miyake_yukiko35/statuses/78403464966848512
生命保険。備えあれば憂いなしのはずだか私には憂いそのものだ。日生の調査員は雑誌にスポーツ紙にこう書いてあった、と初日から好奇心満々。警察でも事故、病院でもアルコール、薬品の関連性なしとされていることを丁重にお伝えするが、数ヶ月に及ぶ「調査」に疲れてしまった。



三宅雪子(民主党代議士。バイオニック)
(注:このツイートは削除されている)
http://twitter.com/#!/miyake_yukiko35/status/78837205514190849
前の会社から21年間契約している生命保険。初の入院でお世話になるときがきたと思いきや(50万強)、永遠に思える契約部の調査にすっかり疲れはて請求は断念。心の健康のほうが大事。今回の入院はどうするべきか。国会議員は保険金の請求をしないものなのかもしれない。きっとそうだ。



Taka
http://twitter.com/#!/JPN1998/status/78476598982082560
保険、ふと気づいたんですが、数年後に癌になった時、癌保険はおりるのかな?ものすごい増えると思うが。原発の放射能が原因だから支払い拒否とかややこしいことになる可能性はないのかな?


Taka
http://twitter.com/#!/JPN1998/status/78481487678283776
水俣病みたいに、因果関係なんとかで揉めそう。保険会社は東電に払ってもらってと言い、東電は該当エリアから外れているからダメとか言いそう。




posted by はなゆー at 15:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事故が起きたときから因果関係で一生法廷で争う人が大量にでるのではと心配していました。原発事故は当然その場合の賠償も想定していなければいけないのですが規模が大きすぎるという理由で補償しないという妙な理屈は絶対に通させてはならないと思います。国家による合法的虐殺が可能になりそうで本当に自分は北のどこかの国に迷い込んだのではないかと思うことがあります。このブログを当ブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by 汝の内なる宇宙を旅せよ at 2011年06月30日 16:25
きっと、自分の処の社員が放射能障害を発症したら、一般客とは違う対応をするんだろうな。
東電社員が家族をサッサと西日本に避難させたように。
Posted by eggplant at 2011年06月30日 17:10
 予想していましたが放射線被害を対象外にし始めましたか。ですが従来の契約に関しては契約約款には書かれていませんので保障対象と成ります。今後予想されるのは「転換契約」「見直し」「新商品への切り替え」と称して不利な契約に誘導させることです。

 バブル崩壊後の90年代、生保各社は逆ざや改称の為に予定利率の高い契約を「三大疾病特約」新発売を口実に基本契約を転換し5%前後の予定利率を1%前後に切り替えました。
Posted by アッテンボロー at 2011年06月30日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。