2011年06月30日

ドイツ連邦議会が国内の原発を全て閉鎖する「脱原発法案」を可決した 

ドイツ連邦議会が22年末までに国内の原発を全て閉鎖することを盛り込んだ改正原子力法案を可決。
2011/06/30 20:38 【共同通信】



posted by はなゆー at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原爆を作る工場でもある原発。

その原発をあっさり放棄するという事は、
ドイツは既にオーバーテクノロジーを手に入れているのではないか?

日本付近の梅雨前線がありえない角度で曲がっているのは、某超大国のHAARPによるものだろう。

それだけのエネルギーがあるなら、そもそも原発も発電所も要らないだろう。
問題は、いくら大きなエネルギーでも、いつも一定の出力を得ることができないと実用として役に立たない。

太陽からのエネルギー、オーロラのエネルギーをためこむ電気施設さえあれば、発電所など要らないということだろう。
Posted by ソーラレイ at 2011年07月01日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。