2011年07月09日

民放テレビの報道番組は「チェルノブイリの教訓」を報じることを拒否

岩上安身(ジャーナリスト)
https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/89376218260049920
今日、ニコ生でご一緒した高世仁さん。貴重なチェルノブイリ取材のビデオを提供されたが、このビデオを民放地上波ほぼ全局の名だたる報道番組に持ち込んで、すべて断られたという。なぜ?



岩上安身(ジャーナリスト)
https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/89378836189425664
高世仁さん曰く、「どこの局でも、原発事故でガンが増えるとか、そんな話は欲しくない、と言われて、断られました。唯一、フジテレビのミスターサンデーで5分だけ使われただけ。事実であっても、もはやテレビでは報じられない。これが今のテレビの現実なんですね」



岩上安身(ジャーナリスト)
https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/89380684271071233
長年、テレビの報道・ドキュメンタリー分野の制作プロダクションの代表として仕事をしてきたベテランの高世さんが、「もう、事実を報じる主舞台は、テレビではなくて、ネットですね」と見切りをつけたように断じた。視聴者の方ではなく、スポンサーの方ばかり向いているテレビの自滅。

【送料無料】日本テレビとCIA

【送料無料】日本テレビとCIA
価格:700円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 02:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうせ推進派のトンデモ本しか読んでないような低俗社員ばっかりだろう。
Posted by バカばっか at 2011年07月09日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。