2011年07月20日

社会的弱者が「みんなの党」を支持する理由を考察する必要が

tkb21metro (茨城県南地域)
https://twitter.com/#!/tkb21metro/status/93643687564804096
本来「みんなの党」は「ネオリベ(新自由主義)」つまりお金持ちや成金者の政党。この党が労働者や家庭の主婦、さらに失業者にも受けてしまう訳を、革新の立場の人もよく考えてほしい。
posted by はなゆー at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この人の言う事は、半分当たっている。
「半分」とは、確かに社民党も共産党も、人間的にどうしようもない崩れた部分を内包している様に思われ、それが支持率の低迷に繋がっている事は否定出来ないけど、やはり、腐りきったメディアが殆ど、革新勢力に光を当てない姿勢が、みんなの党に一般人を誘導している面が強いのだろうと思う。

渡辺善美の金銭スキャンダルを、マスゴミは絶対に伝えないしね。
Posted by eggplant at 2011年07月21日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック