2011年07月25日

膝や肘の関節痛を訴える子供が増加(チェルノブイリと同じ病状)

937 :地震雷火事名無し(長屋)
:2011/07/23(土) 22:59:04.99 ID:yInm1/UG0
低学年の子どもが両足痛くて歩けないという。
腕の関節も痛いという。
そして発熱。これはただの風邪と関節痛かな。




29 名前:地震雷火事名無し(北海道)[]
投稿日:2011/07/25(月) 10:50:31.75 ID:+hk53/lu0 [2/2]
腕よりも、ヒザの関節が痛いと書き込んでいる人も多いんだよな。
チェルノではどうだったんだろ?



30 名前: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 (東京都)[sage]
投稿日:2011/07/25(月) 11:41:53.33 ID:qmg+zHmB0 [1/2]

ヤブロコフ・ネステレンコ報告
(注:PDFである)
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf
では、子供だし、骨の痛み・関節痛だと、骨粗しょう症の過程の間接的発現に近いかもしれない。


ホルモン障害、あるいは破骨細胞・骨芽細胞の前駆細胞の放射線による直接損傷による模様。

>Liquidators and inhabitants of contaminated territories often complain of bone and joint pain.
>the indirect indicators of the processes of osteoporosis(骨粗しょう症). (102頁右)

>Osteoporosis (decreasing density of bone tissue) results from an imbalance between the formation of
> bone and the natural reabsorption process. Such imbalance results from either hormonal disorders or
> direct damage by irradiation to the cellular predecessors of osteoclasts(破骨細胞) and
> osteoblasts(骨芽細胞). (102頁左)



骨粗しょう症のはなし

http://www.takeda.co.jp/pharm/jap/seikatu/osteoporosis/about/03.html

http://www.takeda.co.jp/pharm/jap/seikatu/osteoporosis/shikumi/04.html

http://www.takeda.co.jp/pharm/jap/seikatu/osteoporosis/about/index.html 
(top頁)




32 名前:地震雷火事名無し(栃木県)[]
投稿日:2011/07/25(月) 13:28:31.15 ID:d9H0cF+s0

(注:PDF)
http://www.independentwho.info/Documents/Etudes/Resum_AnnalesNY2009_EN.pdf

(注:PDF)
http://www.infoark.org/InfoArk/Energy/Nuclear/Chernobyl,%20Consequences%20of%20the%20Catastrophe%20for%20People%20and%20the%20Environment%20-%20Yablokov_2009.pdf

が出典。

参照文献のうちいくつかの抄録が医学図書館で公開されている。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez?db=PubMed




33 名前:30(東京都)[sage]
投稿日:2011/07/25(月) 14:38:32.03 ID:qmg+zHmB0 [2/2]

(つづき)
他に、関節痛がみられるのは、「慢性疲労症候群」(chronic fatigue syndrome、CFS)の場合だろうか。
これは免疫系機能の損傷と中央神経系の側頭辺縁系の不調が合いまった原因と仮定されている模様。

>Among them is the syndrome known as “chronic fatigue” (Lloyd et al., 1988), which manifests as
>tiredness, disturbed dreams, periodic depression and dysphoria, fatigue without cause, impaired memory,
> diffuse muscular pains, pains in large joints(大関節の痛み), shivering, frequent mood changes,
> cervical lymph node sensitivity, and decreased body mass.  (218頁左)

>It is postulated that these symptoms are a result of impaired immune system function
>in combination with disorders of the temporal-limbic parts of the central nervous system. (同上)

 話が前後して申し訳ないが、全体像から言えば、関節痛は、ウクライナにおいてチェルノ事故後1年目にみられた典型的な苦情(その5番目)であった模様。

>Typical complaints in the contaminated territories in the first year after the catastrophe included
> rapidly developing fatigue (59.6%), headache (65.5%), blood pressure instability (37.8%),
> abnormal dreaming (37.6%), and aching joints (30.2%、関節痛). (47頁右)



37 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage]
投稿日:2011/07/25(月) 16:53:36.32 ID:8Z5DnV8A0
友達の顔のホクロがぞっとするくらい増えてた


posted by はなゆー at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック