2011年07月29日

〔岩手県知事選〕地域政党をブリッジにして社民党と自民党が共闘

☆岩手県知事選 自民など3会派の擁立候補 高橋博之県議浮上
(河北新報)

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/07/20110728t31027.htm

http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/312.html

8月25日告示の岩手県知事選(9月11日投票)で、県議会の自民クラブと地域政党いわて、社民党の3会派が近く設立する政治団体「いわて復興県民の会」が擁立を目指す候補者に、地域政党いわての高橋博之県議(36)=花巻選挙区=が浮上していることが分かった。


            ↓

19 名前:名無しさん@12周年[]
投稿日:2011/07/28(木) 18:08:03.51 ID:k4M+V37j0
なんで社民が小沢派つぶしに加わるの?
仙谷さんからの支持?


8 名前:名無しさん@12周年[sage]
投稿日:2011/07/28(木) 15:35:39.94 ID:Tc1QGEBU0
反小沢で野合する愚かな野党って意味で立てたの?

【送料無料】銀河鉄道の夜

【送料無料】銀河鉄道の夜
価格:4,195円(税込、送料別)


 
posted by はなゆー at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「社民党と自民党が共闘」というよりも、「地域政党いわて」に社民党と自民党が乗った形のようです。

いずれにしても、社民党の“脱民主”の動きは評価できます。
特に、小沢一郎の地元であり、民主党の“聖地”とも言える岩手県で、“脱民主”の第一歩を踏み出したことには大きな意味があると言えるでしょう。
Posted by nekonekoneko at 2011年07月31日 05:19
自民党と相乗りする時点で
社民党終了

>脱民主”の第一歩を踏み出したことには大きな意味があると言えるでしょう。

ばかかこいつ
脱民主帰還自民
B層そのもの
Posted by 自民工作員ウザイ at 2011年07月31日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック