2011年08月02日

【危険】福島第一原発は遂に「最悪の事態」に陥りつつある可能性

☆建屋内で極めて高い放射線量 (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110802/k10014648151000.html

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak49/msg/418.html

東京電力福島第一原子力発電所で、2日午前、1号機の原子炉建屋2階の部屋で、これまで建屋内で確認された中では最も高い、1時間当たり5000ミリシーベルトを超える、極めて高い放射線量が計測されました。

福島第一原発1号機では、格納容器内の放射性物質を測定する配管を調べるため、2日午前11時から、配管がある原子炉建屋2階の部屋に遠隔操作のロボットを入れて放射線量を計測しました。その結果、この部屋の中を通る配管付近で、1時間当たり5000ミリシーベルトを超える極めて高い放射線量が測定されたということです。これは、これまで1号機から4号機までの建屋内で確認された放射線量の中で最も高い値となっています。


              ↓


reiki_bunbun
https://twitter.com/#!/reiki_bunbun/status/98031009009909760
福島第一原発の敷地。敷地内の土地のあちらこちらにヒビ割れが生じていて、そこから高温のどす黒い湯気が噴き出しているそうです。



東海アマ管理人
https://twitter.com/#!/tokaiama/status/98337776373743616
これだと核燃棒飛散でなくメルトスルーした核燃マグマが膨大な熱と水蒸気爆発を繰り返して敷地を細かく破砕し、地下から放射能蒸気が噴き上がってきた可能性! もしそうなら、今後、凄まじい大量放射能放出が起きる疑いがある!


東海アマ管理人
https://twitter.com/#!/tokaiama/status/98338332546838528
もし、地下に溶け落ちた核燃マグマが熱と圧力で地盤を破砕し、隙間から蒸気として噴き上がってきてるのなら、今後、これまでとは桁外れの放射能が大気中に放出されることになる。早川由起夫氏
https://twitter.com/#!/HayakawaYukio
の見解を求めたい



東海アマ管理人
https://twitter.com/#!/tokaiama/status/98341792465960960
もし福島第一構内で地割れが拡大し、地下の核燃マグマが黒い蒸気として大気に放出されはじめたなら、数十日以内に、これまでとは桁違いの大規模な放射能汚染が発生する可能性が強いと思う。もう、すでに構内に人は立ちいれないはず。二度と近寄ることもできない。被曝死しかありえないからだ。


posted by はなゆー at 19:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
爆発後の3月半ばに東電が収拾不可として撤退しようとした理由がこれか。

そのとき、菅はその話を聞きつけて東電に首相自らの足で怒鳴りこみ、撤退させなかったことで日本が滅びずにこれまで持っていたのだが。。。
Posted by 東電が収拾不可として撤退しようとした理由か at 2011年08月02日 22:17
良くわかんないな。
ひび割れから蒸気が上がっているって言う情報は確かなの?

水蒸気爆発が有ったんなら、まず建屋が下から
吹っ飛ばされてなければおかしいんじゃないの?

ひび割れがあるのは地震の後だからでしょ?
(?▽?)
Posted by でじこむ at 2011年08月02日 22:56
宇宙情報により、当方がブログで書いたように、
首都圏の4000万人が避難する必要に迫られることになる。
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/85.html
Posted by たつまき at 2011年08月03日 06:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック