2011年08月11日

「個人情報保護」を口実にして被曝や水俣病の実態調査を阻止

木野龍逸(ジャーナリスト)
https://twitter.com/#!/kinoryuichi/status/101430413809033216
「なぜ、福島の事故に関して、内部被曝や低線量被曝に関する政府の対応が鈍いのだろうか。…広島、長崎の原爆訴訟に影響が出ることを政府内で恐れているからではないか」。




☆子どもの被ばく検査結果 削除 (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110811/t10014837761000.html

http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/459.html

しかし、子どもの甲状腺の検査結果は、ほかには一切公表されていないうえ、個人の特定とは関係のない、被ばく線量などの情報まで削除されたことから批判の声があがっています。


              ↓


amugon
https://twitter.com/#!/Portirland/status/101425184090759168
詳しい住所が含まれていたことから→
得意の墨塗りでそこだけ消せばいいと思います。幼児の言い訳です。



高岡滋(水俣市の医師)
https://twitter.com/#!/st7q/status/101426067398606848
「個人情報保護」を口実にするようになってきていますね。水俣病でも、最近、実態調査困難の理由にこれが加わるようになりました。



きーちゃん
https://twitter.com/#!/kican314/status/101417243556061184
事故と同じように都合の悪いことは全て無かったことにされて隠されて行く。


hide19692005
https://twitter.com/#!/hide19692005/status/101430716507754497
隠し続けて、安全という神経が分からない



OMP
https://twitter.com/#!/ompfarm/status/101404541932679168
とにかく、大連立のじゃまになるデータは目隠し。結果は時間が経てば現れてくるけど、全ては「さしあたり」。





《おまけ》

想田和弘(映画監督)
https://twitter.com/#!/KazuhiroSoda/status/96095578571816960
原発問題だけを見ていると我々は「未曾有の初体験」をしているような錯覚をしがちだが、我が国は足尾鉱毒事件、水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病など、様々な公害を経験してきた。それらを振り返れば、原発問題は同じ過ちが繰り返されているにすぎないことに気づくだろう。



藤波心(タレント)
https://twitter.com/#!/fujinamicocoro/status/96096058903502848
私たちは原発によって支えられていたんじゃなく、何も知らない私たちが原発を支えていたんだと思う。



相澤秀人
https://twitter.com/#!/hidetoaizawa/status/90731620360929280
水俣と同じことが必ず起こる。給食が心配。


stmarting
https://twitter.com/#!/stmarting/status/90731956286918656
水俣病の時も政府は風評被害と位置づけて流通させた


愚民Artane
https://twitter.com/#!/Artanejp/status/90731522491039744
広瀬(隆):スーパーで産地を明示してはいるが、それが本当か測定してないのでわからない。水俣病を取材した時も汚染魚は全部大阪に送って高値で売れたと証言してた。



ヘナ(4児の母)
https://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/89144362914689025
今回も情報を隠し被害を拡大させてますね…水俣病のときと同じ


ヘナ(4児の母)
https://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/89144947546144768
水俣の時は被害者を分断する、一方には手厚くもう一方には認めないなど政府はとても巧妙にやってくる、今回も同じことが起こる


ヘナ(4児の母)
https://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/89147688653815808
感想:政府は水俣病などの過去の公害から何を学んで実践しているか?なんと少しでも国民の被害を少なくすることではなくて、少しでも責任を逃れるにはどうすればいいかを過去に学び実践してる




☆混水摸魚

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B7%E6%B0%B4%E6%91%B8%E9%AD%9A

混水摸魚(こんすいぼぎょ)は三十六計の第二十計。「水を混ぜて魚を摸(と)る」

水をかき混ぜて魚が混乱しているときに、その魚を狙って捕まえるという意味。

敵の内部を混乱させて(混水)、弱体化したり、作戦行動を誤らせたり、我の望む行動を取らせるよう仕向ける戦術。趁火打劫を主に敵の外患に乗じて攻めることを主眼にすると解すれば、混水摸魚は敵の内患を作出してそれに乗じるものとも言える。

『六韜』に「全軍の兵が動揺して、兵の心が一つにまとまらず、敵が強力であることを恐れ、戦争をするのは不利だと語りあい、互いに聞き耳を立て盗み見をして、噂話がやまず、互いに惑わし、法令が守られず、将軍が軽んじられているならば、その軍が弱い証拠である」とある。間者(反間計含む)を使って宣伝して人心を混乱させてこのような状況に敵を追い込んでから叩くことを狙う。

なお、この過程は直接の戦闘行為を目標に限らなくてもよく、劉備が、呉姫(孫尚香/孫仁)を娶ったり、故意に複雑な条件で交渉したりすることで、孫権を煙に巻いて、荊州の租借地を広げて西川も奪ったことなども、この混水摸魚の計の例だとされる。

明代、寧王の朱宸濠が反乱した(寧王の乱)。鎮圧を命ぜられた王陽明は、準備が整わないので一計を案じて、寧王の配下の李士実と劉養正に宛てて「君らの国に対する忠誠を了解した。寧王がいったん城を離れて戻ったときには大事は成功している」と書いた親書を偽造し、捕らえていた朱宸濠の間者に対し、獄の看守を寧王派と詐称させて接近させて、その間者に親書の内容を漏らした上で、寧王の下に逃走させた(反間計)。李士実と劉養正は、早く南京を占領して皇帝を称するよう寧王に進言していたが、逃げてきた間者の話を聞いた寧王は疑心暗鬼となり躊躇して動かない。このとき、南京に鎮圧軍はまったく集まっておらず占領の好機であったが、結局、寧王はこれを逃すこととなった。そして、その間に軍備を整えた王陽明により寧王は滅ぼされてしまった。

明末、袁崇煥は辺境の軍を整備して、南進する清(後金)をよく撃退して、邵武県知事から兵部尚書兼、右副都御史まで出世した。1630年、清が迂回策をとり薊州を越えて西進すると、袁崇煥は、北京防衛のため広渠門外に陣を置いた。ここでホンタイジは間者を放って激しく工作し混水摸魚を仕掛けた。その結果、北京では、袁崇煥が清を先制攻撃せず北京に布陣したのは不自然だと庶民が噂し合い、宮廷では、かつて袁崇煥がヌルハチの死後の直後にホンタイジと使者を交わして講和を打診したことを蒸し返して、「袁崇煥は内通者だ」と讒言して騒ぐ宦官が出るような状況となった。この頃合を見計らって清は袁崇煥に使臣を送ることまでした。ついに崇禎帝は疑心暗鬼に耐えられず、袁崇煥を磔刑とした(借刀殺人)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%9F%E5%88%80%E6%AE%BA%E4%BA%BA

果たして、辺境防衛の第一人者が除かれたため明の国防は骨抜きとなり、袁崇煥の死後14年で明は滅亡した。

【送料無料】水俣病50年

【送料無料】水俣病50年
価格:1,680円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック