2011年08月13日

〔放射能〕低汚染地域地域でも約半数の子供に「視覚の異常」が

117 名前:73(東京都)[sage]
投稿日:2011/08/12(金) 15:25:28.35 ID:al/0wD6A0

子供の目に関して、ヤブロコフ・ネステレンコ報告
(注:PDF)
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf
より。


なんとなく、低汚染地域でも半数位の子供に異変があるそな・・・(重要そうなので訳付で)


>Cataracts (白内障) in children are common in the territories with contamination levels above

15 Ci/km2(ベラルーシ、112頁パラグラフ3)
子供の白内障は555 KBq/m2以上の汚染地域でよくみられる。


>Retinal pathology (網膜疾患) in children in the Khoiniky and Vetka districts, Gomel Province
(4,797 people examined), increased about threefold: from 6 to 17% in the first 3 years after the catastrophe compared to 1985 (ベラルーシ、112頁パラ3)

ゴーメル県のとある汚染地区の子供4,797名を調査したところ、網膜疾患は、事故前の1985年と比較し、事故後3年間で6%から17%と3倍に増加した。


>Clouding of the lens (水晶体混濁), an early symptom of cataracts (白内障), was found in 24.6% of exposed children compared with 2.9% in controls (ベラルーシ、112頁パラ6)

水晶体混濁(白内障の初期の症状)は、対照群で2.9%であるのに対し、被爆した子供では24.6%。


>Children under 5 years of age who were exposed have more problems with eye accommodation (眼球調節) and more overall eye diseases than controls (ベラルーシ、112頁パラ7。ウクライナも同旨114頁パラ5)

被爆した5歳以下の子供は、眼球調節に問題があり、対照群より目の疾患が多い。

>Crystalline lens opacities (水晶体混濁) occur more frequently in the more radioactive contaminated territories (Table 5.52) and correlate with the level of incorporated Cs-137 (ベラルーシ、112頁パラ13)

水晶体混濁はより汚染された地域でより頻繁にみられ、セシウム137の量と相関している。

TABLE 5.52. Incidence (%) of Opacities in Both Crystalline Lenses (両眼水晶体混濁) among Children Living in Territories with Various Levels of Contamination, 1992
Brest Province 137-377 kBq/m2 (n = 77)  1-5: 57.5%, 6-10: 17.9%; >10: 6.7%
Vitebsk Province 3.7 kBq/m2 (n = 56)    1-5: 60.9%, 6-10: 7.6%,  >10: 1.1%

(注:5歳以下だと汚染度によらず約6割と高い模様)

>In 1991 a group of 512 children 7 to 16 years of age from four villages in the Ivankiv District, Kiev Province, was examined. ... Typical lens pathologies (定型水晶体疾患) were detected in 51% of those examined, and the incidence of lens pathology was higher in villages with higher levels of soil contamination. Atypical lens pathologies (非定型水晶体疾患) were observed in 61 children (density of the posterior subcapsular layers, dimness in the form of small spots and points between the posterior capsule and the core, and vacuoles)) and were highly (r = 0.992) correlated with the average and maximum levels of soil contamination. In 1995 the incidence of atypical lens pathologies (非定型水晶体疾患) in the first and second villages (with average soil contamination over 2 Ci/km2) increased significantly to 34.9%. (ウクライナ、112頁パラ13)

1991年に、キエフ県のとある汚染地区の4つの村において、7-16歳の512人の子供を調査した。・・・

定型水晶体疾患が51%の被調査子供にみられ、水晶体疾患の数は、土壌汚染の高い村でより多かった。

非定型水晶体疾患(後嚢下の層の密度、水晶体の後嚢と核の間のツブツブによる視界の暗さ、空胞)は、61名にみられ、土壌の平均汚染度・最高汚染度とに高い相関 (r=0.992) があった。1995年には非定型水晶体疾患の数は、比較的高汚染2村(平均土壌汚染74 KBq/m2以上)において非常に増加し、34.9%となった。

posted by はなゆー at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック