2011年08月16日

この記事へのコメント
福島第一の集合体ウラン重量(新品時)は約184kgです。
【燃料集合体数】(以下本数)
炉内の場合・1号機:400・2号機:548・
3号:548(MOX燃料含む)・4号機:0 (検査の為プールに移動)・5号機:548・6号機:764

燃料プールの場合・1号機:292・2号機:587
3号機:514(MOX燃料含む?)・4号機:1331・
5号機:946・6号機:876

大型の共用プール:6840・乾式貯蔵施設:408
合計:14,602本

原爆ウラン90%濃縮と原発ウラン5%と仮定。
すべての燃料棒数は14,602本です。1本のウラン重量184kg
(14,602本×184kg)÷50kg=53,735(5%濃縮)
53,735×(5/90)=2,985
広島型原爆の実に3,000個分のウラン燃料が福島にあったのです。
メルトスルーしたウラン燃料がどのぐらいか、
ご自分で計算してください。

※リトルボーイ=積載されたウラン50kgのうち、1kgが核分裂反応を起こしたと推定されている。
Posted by 福島 at 2011年08月17日 11:10
チェルノブイリ超え、プルトニウムが燃料として使われていたからでは?
Posted by MOXのせいか at 2011年08月17日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック