2011年09月09日

野田首相の福島到着と同時間帯にロシア爆撃機が福島沖飛行

☆露爆撃機、日本1周 「前代未聞」露骨な挑発 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110909-00000091-san-int

http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/159.html

国後島付近で2機の空中給油機IL78と合流、北海道北東部の訓練空域に入った。空中給油をした後、宗谷海峡を抜け、対馬東方まで南下し反転。

(略)

野田首相は午前10時40分ごろ福島第1原発に到着したが、そのころ2機のTU95は福島県沖を北上した。




《おまけ》

韓非子(中国戦国時代の思想家)
https://twitter.com/#!/Kanpishi/status/109553216244555776
遠くの友好国を当てにして近隣との外交をおろそかにする。強大国の援助を頼みに隣国からの脅威を軽視する。こんなとき国は滅びる。


韓非子(中国戦国時代の思想家)
https://twitter.com/#!/Kanpishi/status/109764737184694272
弱小国なのに尊大に振る舞い強国を警戒しない。大国である隣国をバカにして礼をもって接しない。自国の利益しか眼中になく外交というものがわかっていない。


韓非子(中国戦国時代の思想家)
https://twitter.com/#!/Kanpishi/status/109628726312058881
ずぼらな君主で己を省みる事がなく、どんなに国が乱れていても自信満々で自国の経済力を考えず、隣国を侮っている。


韓非子(中国戦国時代の思想家)
https://twitter.com/#!/Kanpishi/status/110655447337402368
斉が宋を攻撃したので宋は臧孫子を派遣して楚に救援を求めた。楚は二つ返事で了承したが臧孫子の顔は暗かった。近侍が尋ねると「宋は小国で斉は大国だ。小国をたすけ大国に憎まれるのに喜んでいるのは宋が(楚の救援を頼みに)篭城し斉を疲弊させようとしているのだ」はたして救援は来なかった

【送料無料】〈新訳〉韓非子

【送料無料】〈新訳〉韓非子
価格:945円(税込、送料別)


posted by はなゆー at 09:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界中に放射能撒き散らすテロ国家 日本の頭の上から溶かした鉛注ぎ込んで国ごと放射線遮断したいのだろう

人のこと言えるのか日本
Posted by   at 2011年09月09日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック