2011年09月16日

〔まとめ〕記者の「誘導質問」により惹起された鉢呂放射能発言

☆鉢呂「放射能」発言 伝聞情報検証せず偏って報じた印象と識者
(週刊ポスト9月30日号)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110916-00000002-pseven-pol

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/541.html

「あの発言は、囲み取材の記者の側から、“大臣、福島はどうでした? (放射能)浴びたんじゃないですか?”といったジョークの“振り”があって飛び出した。だからその場で発言を問題視したり、真意を質したりする記者はいなかったのです」(大手メディア幹部)





《鉢呂放射能発言を報じた9月10日の毎日新聞は重要部分をカット》

☆鉢呂経産相:8日夜の報道陣とのやりとり
(毎日新聞。9月10日。東京朝刊)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110910ddm002010151000c.html

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/462.html

8日夜の鉢呂経産相と報道陣の主なやりとりは次の通り。

Q (福島第1原発の)視察どうでした?

A やっぱり、ひどいと感じた。(記者に突然、服をなすりつけてきて)放射能をつけたぞ。いろいろ回ったけど、除染をしないと始まらないな。除染をしっかりしないといけないと思った。

Q 予算措置は?

A あす、予備費の2200億の関連で閣議決定する。それでも足りないよね。じゃ、おやすみ。



               ↓


690 名前:名無しさん@12周年[]
投稿日:2011/09/14(水) 13:05:05.83 ID:ejIAo3EY0 [3/3]

このやりとりは何で書いてない?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/19475?page=2
「原発周辺では線量計を持っていた。私は一日で85マイクロシーベルトだった。その数字を記者たちに喋ったのは、はっきり覚えている。」




《さらに関連記事》

☆「死の町」発言 鉢呂経産相、発言を撤回して陳謝「誤解を与える表現だった」
(9月9日20時30分。フジテレビ)

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/547.html

一方、鉢呂経産相をめぐっては、福島県内の視察を終えて東京に戻ってきた8日夜、着ていた防災服の袖を取材記者の服になすりつけて、「放射能を分けてやるよ」などと話している姿が目撃されている。




☆鉢呂経産相 「放射能つけた」発言 辞任やむなしの声も
(毎日新聞。9月10日2時31分配信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110910-00000005-mai-pol

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/454.html

報道陣は、鉢呂氏の福島第1原発視察の見解などを聞くため、8日午後11時過ぎに東京・赤坂の議員宿舎で取材していた。10人程度の記者が鉢呂氏を取り囲み、鉢呂氏はたまたま近くにいた毎日新聞記者に近寄り、防災服をすりつける仕草をした。鉢呂氏はすりつける仕草をした後、報道陣に「除染をしっかりしないといけないと思った」などと語った。

鉢呂氏は8日、野田佳彦首相に同行して、福島第1原発や原発から半径20キロの警戒区域を視察した。その後、帰京し、防災服を着替えないまま、議員宿舎に戻り、報道陣の取材に応じていた。

国際スパイ・ゾルゲ(DVD) ◆20%OFF!

国際スパイ・ゾルゲ(DVD) ◆20%OFF!
価格:3,192円(税込、送料別)


ラベル:鉢呂吉雄
posted by はなゆー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック