2011年09月24日

難産の末に出産したわが子を「放射能から守る」との母親の決意

Uuuyumi(千葉県のホットスポットっぽいところに住んでいる母親)
https://twitter.com/#!/Uuuyumi/status/116874918641156096
妊娠中、お酒をやめた。タバコもやめた。 夜遊びやめた。ボーリングもやめた。辛いものやめた。冷たいものもやめた。 身体に良いものを選んで食べた。健康の為 散歩をした。赤ちゃんの育て方勉強をした。 名前を考えた。お腹を撫でた。お腹を蹴られた。夜胎動で寝れなかった 散歩をした。



Uuuyumi(千葉県のホットスポットっぽいところに住んでいる母親)
https://twitter.com/#!/Uuuyumi/status/116876346298351618
産むのに三日かかった。破水した後出て来なかった。誘発剤使った。引っ張り出した。 また出て来ない。ずっと待った。これ以上は待てないと言われた。それでやっと三日目に 緊急帝王切開になった。緊急と言っても 予定患者さん全て終わった後。 出産後、発熱し、意識がなかった。ただ、 看護師さん



Uuuyumi(千葉県のホットスポットっぽいところに住んでいる母親)
https://twitter.com/#!/Uuuyumi/status/116878668189544448
のバタバタ走り回る足音は覚えてる。 産科の看護師さんは厳しかった。蕁麻疹が悪化。完全母乳育児と言っても全然出なかった。息子は私が授乳しようとすると嫌がって激しく泣いた。やっぱりここに書き込みきれないな。どんな思いで育てて来たかと言うことが。この子供達を原発事故で苦しめるなんてご免




posted by はなゆー at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。