2011年09月29日

〔史料〕政権交代という言葉に踊らされた(低収入の)派遣社員たち

☆貧乏人のココロがわからない左翼 
(2007年8月12日の「反米嫌日戦線」)

http://anarchist.seesaa.net/article/51179049.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/501.html

40年間、一度も選挙で投票しなかった俺の同僚は、今回、生まれて初めて投票所に行き、民主党に投票した。

彼が投票したのは、選挙中「憲法を守る」と主張していた「社民党」や「共産党」ではなかった。

その投票行動を「無知」だからと左翼は決め付けるのか?

俺は絶対にそんな左翼を許さないぞ。

貧しいものの目線に立っているフリ。そんな左翼は自滅するしかないし、今回の惨敗選挙で党首が辞任しない「社民党」や「共産党」はすでに死んでいることに気づけよ。





☆派遣労働者に広がる外国人労働者への恐怖感
(2007年8月15日の反米嫌日戦線)

http://anarchist.seesaa.net/article/51516148.html

(コメント欄)

そうだそうだ。中国のせいでおれらの給料が安いのだ。社民も共産もお呼びでない。(略)自分の苦しみはわかってもらえない。そうだとも、安楽に暮らしている者にはやられる方の苦しみはわからない。想像力がいるのだろうなあ。
Posted by うん、民主党ならわかってくれる at 2007年08月13日 07:58


自民湯が糞野郎なのは当たり前、それよりも「働くものの味方」と嘘を言っている共産党や社民党を糾弾することの方が大事でしょうね。騙されている貧乏人が多すぎます。
俺は今回の選挙で民主党に投票しました。いまは、政権交代ができる民主党に期待しています。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年08月16日 01:18




☆政権交代前夜に (2009年8月29日の「反米嫌日戦線」)

http://anarchist.seesaa.net/article/126775560.html

池袋で行われた、鳩山由紀夫党首の最後の選挙演説を聴いてきた。

聴衆は2万人ほどいただろうか?

(略)

明日は投票日、おれは既に期日前投票を終えてきた。もちろん「民主党」に投票。


               ↓


☆「派遣業界問題」はいつの間に埋もれてしまったか さらに深刻化する派遣社員の厳しい現実と今後の課題 (ダイヤモンド・オンライン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110929-00000001-diamond-bus_all

http://www.asyura2.com/11/hasan73/msg/425.html

まず、派遣社員の平均時給額だが、2008年の調査では1508.6円であったのに対して、2011年の調査では1504.5円と、下落が止まらない。これは首都圏を中心とした回答だが、全国的に見ると1310.6円とさらに200円ほど低くなる。派遣社員の生活が非常に苦しいことは変わらないどころか、ますます拍車がかかっているようだ。

アンケート結果の詳細を見ても、7割近くの派遣社員が「今の仕事の収入では生活が苦しい」と回答している。中には、「年金、健康保険料が払えない」「食費を切り詰めている」など、娯楽はおろか最低限必要なものまで節約しなければ生活できないという訴えも見受けられる。



¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥


《おまけ〜「TPPに参加すると派遣法を改正しても効果がなくなる」との観測(今年1月)》

にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/tatelll/status/27497954608685056
なぜTPP参加によって派遣法改正が消し飛んだのかと言うと…TPP参加の狙いのひとつに【移民】があるからだ…マレーシアやベトナムからの労働者受け入れによって経団連は現行の派遣労働者と入替えたい。円高を利用して現行の半分以下の賃金で外国人労働者を雇うハラだ。


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27503442649944064
もしかしたら菅オリジナル民主党政権は【派遣法改正】を「やるやる」と言っておいて…TPP参加を先に決めてしまうハラなのかもしれない。TPPに参加すれば【域内労働力移動の自由】で派遣労働よりも低賃金の【移民労働者】を使える。派遣法をその後で改正しても派遣労働者がクビ切られた後だ。


埒不埒
http://twitter.com/#!/hurati/status/27529226437529600
姑息なので十分可能性ありかと


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27530730858872832
TPPは6月に結論を出すワケだ…予算案は3月だから、そこまでは社民党と国民新党を引っ張るハラだぞぉきっと


山田太郎
http://twitter.com/#!/superseach/status/27373228615798784
TPPに参加すると東南アジアの安い労働力が入ってきます。派遣労働者や契約社員の方々が、失業してしまう可能性があると思います。


あび卯月
http://twitter.com/#!/torinoniku/status/27499788362584064
経団連の米倉会長は「日本に忠誠を誓う外国からの移住者をどんどん奨励すべきだ」(読売新聞22年11月8日)と述べ人材の移動が自由化されるTPPへの日本の参加を促している。TPP参加を熱望する経団連の真の意図が実に良く解る。



¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥


《「人材派遣会社」との結びつきを強めていた民主党首脳たち》

110 名前:名無しさん[]
投稿日:2011/01/18(火) 08:37:33

収支報告に映る前原氏(注:前原誠司外相)は小泉別働隊???【不思議発見!】
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/18815702.html

よく見ると、ま〜なんということでしょう♪

○奥谷禮子  200,000 東京都千代田区
 このご婦人は、あの人材派遣会社の小泉元総理に寄付する常連さん?

○増田宗明 1,500,000 東京都 渋谷区
 この御仁は、TSUTAYAの創業者さんかな?


政治資金収支報告の要旨 21年分(京都府選挙管理委員会)
(注:PDFファイルである)
http://www.pref.kyoto.jp/kouhou/resources/kouho_2226_1.pdf


週刊新潮3月12日号に掲載された小泉郵政ファミリーの密会現場
2009-03-09
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/c62c3f3e670a53ba364c00f7aba42910

天木直人のメールマガジン 要旨 3月8日―10日分
http://www.amakiblog.com/archives/2009/03/10/

---------------

なんかつながりがあるんだねw。




¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥


《若者の雇用対策を名目として、菅直人首相(当時)が「人材派遣会社」のトップたちと会食》

☆若者の雇用対策に全力=菅首相
(2010年8月18日の時事通信)
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/676.html
菅直人首相は18日夜、都内のホテルで南部靖之パソナグループ代表や沢田秀雄エイチ・アイ・エス(HIS)会長らと会食した。若年層の雇用問題が話題となり、首相は「若い人たちが夢をもてるよう、頑張りたい」と対策に全力で取り組む決意を強調。南部氏らは「若い人たちが頑張ってこそ、経済が良くなる」などと応じた。


☆首相動静(8月18日) (時事通信)
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/677.html
同7時3分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の日本料理店「紀尾井町藍泉」で南部靖之パソナグループ代表、沢田秀雄エイチ・アイ・エス(HIS)会長と食事。
午後9時24分、同所発。



¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥


《〔分断統治〕TPP参加で激増する移民労働者に日本貧民の怒りをぶつける策略が?》

にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27774524145541120
いま考えていることは、TPP参加で【移民】を狙う国内資本側の理由だ。労賃コストの格差は単なる円高の為替以上に元々存在する
(注:PDFファイルである)
http://www.bk.mufg.jp/report/aseantopics/ARS166.pdf
(三菱東京UFJ銀行)。しかし、それだけでは説明がつかない。企業は現状でもアジアに生産拠点を持っているからだ。


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27775677860159490
昨日誰かがツイートしていたが、現在中国では深刻な人手不足に見舞われていて海外から出稼ぎ労働者を迎え入れているそうだ。賃金上昇の状況にあるのではないか。当然中国に進出している日本企業は知っている筈だ。だから今仮説として考えているのは、海外拠点での労賃コストと、TPPに参加


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27777030066016256
してマレーシアやベトナムから移民労働者を受け入れる場合のコストを比較した時、おそらく現状はともかく、将来は後者の方が安くつくと判断したのではないか…と見ている。以前にツイートしたように、TPP参加後【道州制】を政権に要求するだろう。地方を競わせ工場建設コストを下げたいのだ。


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27783848397901825
もしかすると経団連が狙っているのは…国内ではモノは売れずアジアで売るしかない。海外拠点よりTPP参加で移民を受け入れた方が安い…なら、国内工場は移民労働者を雇い【道州制】で工場建設維持コストを下げる。さらに【デフレ賛成】【国内窮乏化】による輸出【再】志向戦略なのかぁ?


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27788697575358464
仮説が的中するなら、かなり悲惨な情況になるなァ…。TPP参加後、次にやってくるのは【道州制】だ。【道州制】は地方にコスト競争させるための【新自由主義】政策。海外から工場が戻ってきて、地方がヌカ喜びしても、雇用されるのはTPP【域内労働力自由】による外国人労働者。人心が荒廃する。


憂国皇子
http://twitter.com/#!/0ur_Sanctuary/status/27877906730450944
日本人二級市民と移民との対立を煽って分断統治。偽政者は枕を高くして寝るわけだ


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27790278580506624
結局は高くつくような気もする


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27809868467404800
おおおおお…もしかすると…TPP推進はGDP1位のアメリカとしては…GDP3位の日本という【砦】を開放、蹂躙して潰し、GDP2位の中国を地域覇権国に仕立てる【多極主義】路線の戦略だったりして…クリントンの志向とも合致しそうだし。TPP参加するのは日本側の動機が強いのだが…要思考。


にゃんとま〜
http://twitter.com/#!/nyantomah/status/27878869159645184
【労働組合=既得権益】という新自由主義者の言説を打ち破らねばならないのは連合を含む既存の労働組合の使命であるにもかかわらず、中には非正規雇用労働者を排除している組合もある。もはや組合じたいが新自由主義を支持している。非正規雇用労働者を含む新たなナショナルセンターが必要だ。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315977378

Q: 徳川幕府は、なぜえた、ひにんなどの被差別部落民の身分制度を作ったのでしょうか?

A: 搾取の対象である農民の下に「賤民」を造る事によって、農民の怒りの矛先を幕府からそむける為。が一番の理由だと思います。また「幕府に刃向かうと賤民に落とすぞ」という恐怖政治の意味もあったでしょう。

A: 士農工商と名目上、武士が支配するのが建前の身分制度でしたが、人口の大部分を占める農工商達が従わないと成り立たない制度だと幕府は認識していました。そこでえた、ひにんなどの部落民と差別して連中とは違ってあなた方は人として認めてますよとある種、多少農工商の人達をおだてる意味はあったと思います。

【送料無料】TPP反対の大義

【送料無料】TPP反対の大義
価格:840円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 18:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2009年当時は、自公政権を継続させるか、政権交代か、しか選択肢はなかった。

まさか検察が政権中枢の強制捜査に出て、鳩山−小沢政権を潰すという挙に出る
と予想していた人はどれくらいいただろうか、2009年当時で。
そして、2010年参院選で民主党が惨敗し、
いっさいマニフェストが実現できなくなる状況を予想していた人はどれくらいいただろうか、2009年当時で。


はなゆーさんは、いかなる国家構想をもっているのかな?
いかなる政策、とくにいかなる経済政策(安定、成長・再分配)、行財政改革を実施するべきだと思っているのかな?
そして、それらの政策を実現するための条件を何であると考えているのかな?

たまには持論を述べてもいいのではないか。
Posted by yuri at 2011年09月29日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック