2011年10月03日

提言「小沢一郎はビデオレターを使って国民に直接話しかけろ」

ローリエ
https://twitter.com/#!/Labrobin/status/120650550365786112
ビデオレターなどで小沢さんの発信をもっと頻繁にと言う思いは皆さん共通でしたね。座談会が終わった後、小沢さんからビデオレターについて質問があったそうですから実行に移されるのも早いかもしれませんね。



反戦な家づくり
https://twitter.com/#!/sensouhantai/statuses/120700961978187776
ロンポール氏のビデオレターのことを話されたとき、小沢氏はグッと引きつけられていたように見えました。実現すれば快挙ですね 




☆ロン・ポール米下院議員の情報発信力に脱帽!
(杉並からの情報発信です。8月1日)
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ddfbf0227b94ee35ceec2a065159fa1e


私は一週間前にロン・ポール米下院議員のビデオレター
http://www.youtube.com/user/RonPaul2008dotcom
に会員登録しましたが、2日に1件くらいの割合でメールでビデオレターや音声メッセージのURLが送られてきます。

今回は音声メッセージだけですが「米政府の債務上限引き上げ問題」に関して「予算を凍結して米国市民を収奪するのを止めよ」と過激に主張しています。

小沢一朗氏は先週木曜日(7月28日)の「自由報道協会」主催の「討論会」と「記者会見」に久しぶりに登場しました。

私は小沢一郎氏に今一番欠けているのは「情報発信力」だと思います。

小沢一郎氏が一番なすべきことは、まさにロン・ポール氏がやっているようにネットメデイアを使って、ビデオレターで情報発信することだと思いま す。

毎週1−2回、その都度テーマを絞って5−10分のビデオレターをネットで流せば、最初は1万アクセスから始まり、徐々に拡散され最終的には数百万人の国民が視聴するようになるでしょう。


posted by はなゆー at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック