2011年10月06日

原子力安全委員「プルトニウムはチリに付着し遠方まで風で運ばれた」

☆3月半ば放出、風で北西へ=プルトニウム微粒子―代谷安全委員
(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000107-jij-soci

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/254.html

ちりに付着し、風によって主に北西方向に運ばれ、雨で土壌に定着したという。


ラベル:代谷誠治
posted by はなゆー at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック