2011年10月12日

〔放射能写真〕世田谷区弦巻は除染前は4.7マイクロシーベルトだった

田中優子(世田谷区議会議員) 10月5日
https://twitter.com/#!/setagaya_tanaka/status/121550478063575041
昨日の決算委員会で、世田谷区内で放射線数値が高いところがあったことを取り上げての質問の様子。表示しているパネルは、実際の数値の証拠写真です。(4.699マイクロシーベルト/h) 
http://pic.twitter.com/gtMvfxvc



柳美里(芥川賞作家)
https://twitter.com/#!/yu_miri_0622/status/124066107433811968
世田谷区弦巻5丁目。区立松丘幼稚園と西弦巻保育園の間です。小さい子どもが…


hanabinbin
https://twitter.com/#!/hanabinbin/status/124067633044791296
そこまでならかなりのエリアが危険です。5丁目は畑もあるとこですよね。三茶を通り越して弦巻とは・・・考えられませんね。各教育機関はなんらかの指示を出したのでしょうか? 特あのあたりは学校も多いし図書館もあるし、思った以上に人の移動が多いはずです。



Takashi Shimizu
https://twitter.com/#!/shmztksh/status/124077955520536576
この辺は母の実家があり、餓鬼の頃からよく行った。246から中へ入ると閑静な住宅、昔は畑もあった。水道局の給水所もあり、影響が懸念される。



きっこ(ジャコビニ流星打法)
https://twitter.com/#!/kikko_no_blog/status/124075333472370688
(水道局の施設は)砧(きぬた)の駒澤大学のところと、あとは喜多見(きたみ)の白バイ練習場の先にもあります。両方とも多摩川沿いです。


きっこ(ジャコビニ流星打法)
https://twitter.com/#!/kikko_no_blog/status/124077793226133504
駒澤大学駅ではなくて、世田谷区の砧(きぬた)という多摩川沿いのプチ過疎地に駒澤大学の体育会系の分校があるのです。そこのすぐ前にボロボロの水道局の施設があるのです。



Takashi Shimizu
https://twitter.com/#!/shmztksh/status/124080344625455104
給水所は弦巻にもあります。246号線を下りへ行き、新町一丁目の二又を右、「東電世田谷前!」の路地を右に入って数十メートル先の右手にあります。
http://www.funkygoods.com/hai/komazawa/komazawa.html



《NHKは微妙に誤報か?》

☆世田谷区で高い放射線量検出 (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111012/t10013213371000.html

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/413.html

高い放射線量が検出されたのは、世田谷区弦巻の区道の歩道部分です。世田谷区によりますと、今月3日、区民から「放射線量が高い場所がある」という情報が寄せられたため、区が測定したところ、1時間当たり最大でおよそ2.8マイクロシーベルトと周辺に比べて高い放射線が検出されたということです。このため高圧の洗浄器を使って歩道部分の洗浄を行いましたが、放射線量はあまり下がらず、1時間当たり最大で2.707マイクロシーベルトが検出されたということです。

posted by はなゆー at 20:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高圧洗浄は周囲に吹き飛ばして拡散させることで数値を下げてるだけだし、御用系の報道に共通することは「(汚染場所を洗浄/撤去することで)数値が低くなった」迄しか書かないこと。
そこに住んで飲食物から内部被曝し続けた時の数値を考慮せず、空間線量は低くなった、この程度なら大丈夫というミスリードを続けている。
このトリックを常に念頭に置きながら報道記事を読まないと多分安心して流されてしまうんだろう。
Posted by   at 2011年10月13日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック