2011年10月13日

〔放射能〕福島県は楽観論一色「学校給食には福島産のコメを使え」

☆福島 コメの風評被害対策強化へ (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111013/t10013222281000.html

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/429.html

福島県は、今後、知事や職員が首都圏などの消費地に出向いてピーアールを行ったり、飲食店や学校給食で県内産のコメの積極的な利用を呼びかけたりするなど、風評被害対策を強化することにしています。


posted by はなゆー at 05:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風評被害対策なものか。退路なき徹底実害発生助長対策だろう
Posted by 掛け値なしの実害 at 2011年10月13日 12:04
テレビでは福島産米の検査結果について、470ベクレルが検出されたことなどの「数値」をいいません。
ただ「基準値以下だ」とだけ伝え、「安全だ」と強調していました。
Posted by 手賀沼 at 2011年10月13日 12:37
3・11前なら放射性廃棄物だったものが安全らしい。
このままだと、数年後の健康被害は想像を絶する地獄絵図になるな。
外部勢力の日本民族根絶の願いが成就するな。
Posted by カタストロフィー at 2011年10月13日 22:59
チェルノブイリ後に民間で作ったドイツの機関などの第三者に調べて貰った値を公表するくらいしなければ買うどころか口には入れられない
福島が必要なことを何もしないからどんどん信用がなくなっていくんだよ
いつまでも見ないふりしてないで調べて貰えばいい
そして311前の夢の中から出てきて事故後の現実と向き合うべきだ
Posted by   at 2011年10月14日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック