2011年10月16日

東京都練馬区の学校給食米は「福島県産」であり、来年度も継続予定

umeiromodoki
https://twitter.com/#!/mikishi_i/status/125495273098199042
東京都の学校給食米は都がまとめて契約→各区に配分。練馬区は現在22年度福島県産を食べていて、来月からは23年度福島県産に継続契約されそう…。練馬の小学校65校に通う子どもたちは来月から…母たちの陳情届かず。悔しいです。どうしてわざわざ子どもたちに?


umeiromodoki
https://twitter.com/#!/mikishi_i/status/125500775429451776
興味を示していただいて嬉しいです。こんな資料しかありませんが。教育委員会から学校に食材産地の公開の通達文が出たのは6月末。その時に学校からもらったプリントです。しかし未だに産地公開されていない学校もあります。
http://pic.twitter.com/4S821ueV


posted by はなゆー at 18:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教育の不当支配を防止するために教育委員会を設けたがこれでは子供を戦地に差し出せと上が命令すれば出すんだろう。戦前と同じ態勢が出来上がってしまった。後は、この独立行政委員会に住民が強く迫るより無い。昔は教育委員会委員は公選ではなかったか。
Posted by 繰り返す馬鹿 at 2011年10月16日 20:49
米に関して言えば福島県産は未検出の米だけ出荷する事になったから、そこまで目くじら立てなくても良いと思います。
そもそもヤバそうなところは作るの禁止されてますしね。

心配な人は弁当にするか、それでも過剰に心配する人はとっくに引っ越してますね。
彼ら曰く「東日本の空気吸ってるだけで被曝」らしいんで。
Posted by アノニマス at 2011年10月18日 06:52
アノニマスみたいな奴は勝手に被曝してガンにでもなれせたら良い

ちなみにこんなんあるよ
東京都の2家族で
片方は気にして西日本産食べてた
片方は産地にこだわらず食べてた。
一人分余分につくって貰い1日分をミキサーにかけて測定したのだが、西日本産を食べ続けた人と気にせず食べてた人の食事に含まれるセシウムは倍違っていた
Posted by 小出 at 2011年10月18日 09:02
放射能米は「基準値」以下のも「安全」として出荷されますよ。
福島米全体の17%です。
http://www.asahi.com/food/news/TKY201110120767.html

どこにどう混ざるかは不明。

規制されたのは基準値以下ではあるけれどもぎりぎりだった470ベクレルのものだけ。

それと大人は責任とって食うべきだけれどわざわざリスクの大きな子供に食わせて「処理」するべきではないのは自明。
Posted by アホでます at 2011年10月19日 12:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック