2011年10月30日

〔被曝〕南相馬市の子供の検査方法と統計発表に「トリック」が!

☆セシウム検出の子ども274人 南相馬市が検査結果を公表
(河北新報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000005-khks-l07

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/872.html

福島県南相馬市は28日、市内の小中学生の内部被ばく量検査結果を公表した。2884人の9.5%に当たる274人から、放射性セシウム137が検出された。最高で体重1キロ当たり45ベクレル以上50ベクレル未満の範囲にとどまり、市は「低い数値で、緊急治療を要する子どもはいない」と説明している。




☆福島・南相馬市の子供半数超の体内から少量のセシウム
(産経新聞。10月28日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111028-00000567-san-soci

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/377.html

9月22日までに検査した2357人のうち、セシウムが検出されたのは6人にとどまった。ただ、9月26日から導入した、より少量の放射性物質を検出できるWBCで検査した527人では、199人から体重1キロ当たり10ベクレル未満、65人から同10〜20ベクレル未満、3人から同20〜30ベクレル未満、1人から同30〜35ベクレル未満の放射性セシウムを検出した。


              ↓


468 名前:地震雷火事名無し(東京都)[sage]
投稿日:2011/10/30(日) 20:51:22.06 ID:9bTRGJ2t0 [3/3]

このうち9月22日までの検査には古い型の装置が使われ、セシウム137が検出されたのは2357人のうち6人。
9月26日からは、より低い値を検出できる新型の装置に変わり、527人のうち約半数の268人から検出された。
市が「比較的高い値」とする20ベクレル以上は9人で、古い装置で5人、新しい装置で4人。
このうち40〜45ベクレルが1人、45〜50ベクレルが1人いたが、いずれも古い装置による検査で出た。


1824人が新しい装置で検査し直せばやはり半数から検出されるよね

(´・ω・`)

なのに9.5%ってなんなん




《アーカイブ》


theEarth,Japan,Tokio
https://twitter.com/#!/emanon_uk/status/130397602511458305
これ良く見て。Cs137としか書いてない。つまりCs134でさらに内部被曝している可能性が見捨てられているって事なんじゃないかと。


marron_mkpro216
https://twitter.com/#!/mkpro216/status/130407082947133441
「体重1キロ当たり」って表現おかしいぞ。少しでも小さくみせるという姑息な手を使うな。安全そうに振る舞うな。



682 名前:地震雷火事名無し(空)[sage]
投稿日:2011/10/30(日) 01:23:54.24 ID:8Pjuo/uR0

内部被爆が、最高で体重1キロ当たり45ベクレル以上50ベクレル未満の範囲にとどまり、

↑体重1キロ当たりて大ペテン詐欺師!!!!!!!!!!!!!中学生で50キロ体重が有ったら、体重1キロ当たり最低の45ベクレルで計算すると!2250ベクレルも最低でも被爆してるじゃねぇか!!!!!!!!!!!!!


市は「低い数値で、緊急治療を要する子どもはいない」と説明している。

↑人殺しだな!!!!!!!!!!!!!



01. 2011年10月30日 07:08:05: eJTMFFHbWo
この値に首をひねるのは、NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」の野呂美加代表だ。野呂氏は約二十年にわたり、チェルノブイリ原発事故で被ばくしたベラルーシなどの子どもの支援活動に取り組んでいる。
野呂氏はWBCで彼らの被ばく状態を計ってきたといい、「体重一キロ当たり二〇〜五〇ベクレルなら何らかの病気の前段階がみられ、五〇ベクレルを超えたら発症するケースがほとんどだった。今回の値は健康に影響がないのだろうか」と心配する。



☆セシウム137とカリウム40 (私設原子力情報室)

http://nucleus.asablo.jp/blog/2011/10/29/6175523

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/873.html

例によって、「低い数値で、緊急治療を要する子どもはいない」と発表されていますが、裏読みすると「長期的に見ると治療を要する子供がいる」という意味にも取れます。果たしてどうなのでしょうか…

(略)

最も大きな値が出た子供は45〜50ベクレル/kgです。ここでは、計算をしやすくするために50ベクレル/kgとします。

よく「天然放射性物質のカリウム40が67ベクレル/kgもあるんだから、50ベクレル/kgなんて心配無用」という言われ方をしますが、これはまったくの間違いです。セシウム137による被ばく分をカリウム40の分と比較しても意味はないのです。なぜなら、セシウム137はカリウム40に対する上乗せ分として効いてくるからです。比較するなら、セシウム137とカリウム40の合計を3.11以前のカリウム40と較べるべきです。

(略)

セシウム137が50ベクレル/kgの場合で見ると、ベクレル値は3.11以前の1.75倍に上がっています。これを誰が安全と言えるのでしょうか?300万年間、変わることのなかったカリウム40の体内での濃度が、いきなり1.75倍に跳ね上がったのと同じことなのです。

今回の発表で、うやむやにされている点もあります。今後、南相馬の子供たちが、あらたにセシウム137を体内に取り込む可能性をどう見ているのかです。それを明示しないで「生涯に受ける累積線量は0.41ミリシーベルトと推定」なんて言っても、意味がありません。今後の、呼吸による摂取と飲食による摂取をどう推測しているのか、あるいはまったく算入していないのか、ただちに明らかにすべきです。

セシウムは比較的代謝が速い物質で、大人で100日程度、小学校低学年で30日程度で体内残留量は半分になるとされています。今回、50Bq/kgが検出された子供は小学校低学年。ということは、3か月間、クリーンな環境に移住または疎開させることで、体内残留量は1/8にまで下げることができます。クリーンな環境とは、呼吸によっても、飲食によってもセシウム137を摂取する可能性がない場所ということです。

子供たちの将来を考えるなら、こういった対応を積極的にとっていかないと、あとで悔やむことになりかねません。

東電の責任を明確にしつつも、今のところ、東電による対応は期待できませんから、国と自治体が、すぐに動くべきでしょう。

今回、内部被ばくが確認された274人を真っ先に。加えて、内部被ばくが疑われるすべての子供たちへの具体的なケアを実行する必要があると思います。




posted by はなゆー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。