2011年11月03日

TPP参加で農作物輸送量が減少し「玉突き」で運送業界も危機

にゃんとま〜(TPP通)
https://twitter.com/#!/nyantomah/status/131976564257722369
「県は、TPPに日本が参加すれば農林水産物の生産額が460億円程度減と試算。農業は、08年度の生産額の27%に当たる365億円減ると見込む」
『トラック運送も危機 愛媛の協会 ミカンなければ失職』
日本農業新聞3日

http://www.twitlonger.com/show/dvjvg7

主産地の南予地域に200ある運送業者では、ミカンをはじめ農林水産物が輸送量の5割を占める。

県は、TPPに日本が参加すれば農林水産物の生産額が460億円程度減少すると試算。このうち農業は、2008年度の生産額の27%に当たる365億円減ると見込む。

「運ぶものがなくなれば業界の淘汰(とうた)が加速する」。

【送料無料】TPPと日本の論点

【送料無料】TPPと日本の論点
価格:840円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 15:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 現在までに、愛媛県島嶼部のみかんは全滅。わずかに残った西南部のみかんもなくなるか。農協ジュースは外国産オレンジが混入されている有様です。原発被災を受け、首都圏方面の知人宛に今からみかんを送付してあげることはとてもいいことです。空き地で作りだした葱、玉葱、枝豆、小松菜、法連草、高菜、薩摩芋、牛蒡、俄か百姓ですが、頑張って送ります。私の脳は弱くて全身の数パーセントですが、無能だからと取り去ることは出来ません。
Posted by 無能 at 2011年11月03日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。