2011年11月03日

〔被曝〕セシウム137は遅効性でなく迅速に心臓に悪影響を及ぼす

高橋美穂子
https://twitter.com/#!/roarmihoko/status/131949860332113920
肥田さんの講演会までちょっと時間があるので、普段滅多に来ない前橋の通りを歩き、ふらっと入った…創業大正四年のソースカツのお店。昭和の趣きの店内にジャズが流れててムードのあるお店でした。しかも美味しい。


高橋美穂子
https://twitter.com/#!/roarmihoko/status/131982505824886786
肥田先生「福島で出ている放射線での外部被曝はたいしたことない。だが内部被曝はどんなに少量でも一度身体に入ったらとんでもないことになる」「自然放射線と人工のものは同じではない。長い時間かけて自然放射線で死ぬ生き物は淘汰されて来たのだ。同じだなんて政府の大嘘だ。」



高橋美穂子
https://twitter.com/#!/roarmihoko/status/131985031764783105
肥田先生「最近出たロシアの論文によればセシウム137は遅効性でなく、その場で即心臓の筋肉に支障をきたすとある。福一に最初に入った労働者の方が2日後に心筋梗塞で亡くなったのはそれではないかと今は思っている。」

【送料無料】内部被曝の脅威

【送料無料】内部被曝の脅威
価格:756円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
11月2日のニュース
神奈川県葉山町で2日、バスにダンプカーが追突して26人が死傷した事故で、ダンプカー運転手の男性(40歳)の死因が心筋梗塞(こうそく)だったことが分かりました。警察が事故との関連を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211103027.html

運転手の住所は横須賀市だそうです。
新型インフルエンザであれだけマスクをしていた関東の人が、今全くしていないのが不思議でなりません。
吸い込んだら一発アウト。"エアー"ロシアンルーレットですね。
Posted by 村山正夫 at 2011年11月03日 16:36
ロシアの論文とはこれでしょうか

放射性セシウムが人体に与える 医学的生物学的影響: チェルノブイリ・原発事故被曝の病理データ ユーリー・バンダジェフスキー http://www.amazon.co.jp/dp/4772610472/ref=cm_sw_r_tw_dp_xaNSob0DZKXQ5
Posted by 九州在住 at 2011年11月03日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。