2011年11月17日

〔宮城県〕防寒対策を整えた仮設住宅はまだ2割程度

☆豪雪ラニーニャ現象発生で仮設住民が凍死してしまう
(日刊ゲンダイ11月14日掲載)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/238897

http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/445.html

特に宮城県は深刻で、壁の断熱材を厚くし、窓ガラスを二重にするなど防寒対策を整えた住宅は、まだ2割程度。国が市町村任せにしたツケで対応が遅れ、全住宅の防寒対策が年内に間に合わない恐れもある。

posted by はなゆー at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック