2011年11月18日

【運命のボタン】武器輸出三原則の緩和の具体案提示は「できれば年内」

☆年内にも三原則緩和案=防衛政務官 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000153-jij-pol

http://www.asyura2.com/09/news8/msg/810.html

神風英男防衛政務官は17日夜のBSフジの番組で、武器輸出三原則の緩和に向け政府が検討する具体案について「できれば年内には示したい」と述べた。




《おまけ》

平良夏芽(沖縄の牧師)
http://twitter.com/natsumetaira/status/15674052985
運命のボタンという映画
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3
が上映されている。突然届いた箱にボタンがついている。このボタンを押すとどこかで誰かが死ぬが大金を手に入れる事ができる。うーん、今、沖縄に押し付けられているボタンの話だ〜



☆動画〜映画『運命のボタン』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Z46nUX0rch4
ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬという究極の選択を迫られた夫婦の運命を描くスリラー。『アイ・アム・レジェンド』の原作者リチャード・マシスンの短編小説を基に、『ドニー・ダーコ』のリチャード・ケリー監督が不条理な世界を作り上げた。主演はキャメロン・ディアス、『スーパーマンリターンズ』のジェームズ・マースデンとフランク・ランジェラが共演。100万ドルの大金か他人の死か、人間のモラルに迫る究極の選択の行方から目が離せない。

運命のボタン 【DVD】

運命のボタン 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。