2011年12月14日

3月に宮城県幹部が「農産物の放射線調査はやらないほうがいい」

☆施設被災、県測定後手に (7月8日の読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/feature/tohoku1309796848043_02/news/20110708-OYT8T00074.htm

http://www.peeep.us/95da008a

「調査は、やらないほうがいい。やっても余計に騒がれるだけだ」

福島第一原発の爆発事故から間もない3月23日。県産農産物の放射線調査を実施するかどうかを巡り、県幹部はそうつぶやいた。




posted by はなゆー at 17:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
県民の安全を守らないような県幹部はひどいですね。
Posted by 人殺し公僕 at 2011年12月14日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。