2011年12月14日

群馬県は「内部被曝」専門家抜きの会議を開き「安全宣言」を出した

☆群馬 放射線影響「非公開会議」、何が話し合われたか
(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/surprise/20111214-OYT8T00412.htm

http://www.peeep.us/ad4be8f3

福島第一原発事故による放射能汚染について、新木恵一・群馬県健康福祉部長は県議会の一般質問で「健康面に問題はなく、県内は安全」との認識を示した。県が11月に開いた有識者会議を踏まえた「安全宣言」だが、肝心の会議は非公開で、議事録も未公表だ。


                  ↓


onodekita(内科医)
https://twitter.com/#!/onodekita/status/146867709353799680
内部被曝のド素人が専門家と称している




posted by はなゆー at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。