2006年10月16日

イスラエル大統領が女性秘書などをレイプ(強姦)したとの疑惑が浮上

イスラエル捜査当局は、カツァブ大統領が複数の女性にレイプなどの性的犯罪を犯した疑いがあるとして、同大統領を起訴するようマズーズ検事総長に勧告したことを明らかにした。

☆イスラエル大統領にレイプ疑惑、捜査当局が起訴勧告(CNN)

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200610160004.html

http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/715.html

捜査当局の発表によると、カツァブ大統領にはほかに強制わいせつ、セクハラの容疑が持たれている。被害を受けたとされる女性の人数は公表されていない。

☆イスラエル大統領、女性職員を強姦容疑 警察が起訴勧告(朝日新聞)

http://www.asahi.com/international/update/1016/007.html

http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/717.html

イスラエルの各メディアによると、大統領には7年間の任期中の免責特権があり、起訴されても本人が辞めなければ、来年7月の任期満了まで裁判にかけられない。それまでに辞めさせるには、国会が弾劾決議を採択しなければならず、定数120のうち90人の賛成が必要だ。

★カツァブ大統領は右派政党リクードの出自である。イスラエル国会が弾劾決議を採択するかどうかは微妙だが、検察から明白な証拠が提示されるかどうかにかかっているのではないか。

posted by はなゆー at 13:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック