2006年10月28日

きっこの日記「またまた出ました!アベスキャンダル」

安倍首相の実兄である安倍寛信氏に関連した訴訟であると思われる。詳細については、今後の報道を待ちたい。

☆下関市総合評価入札 「市側選考に違法性」(山口新聞)

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/959.html

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/index.html

下関市の社会教育複合施設整備運営事業の総合評価一般競争入札で、落札外となったグループの代表企業「原弘産PFIインヴェストメント」(本社・東京)が26日、業者選考の経緯などに違法性があるとして、市側を相手に、落札者の決定処分の取り消しなどを求める行政訴訟を山口地裁に起こした。

同社の原將昭社長が同日に記者会見し「(選考過程で)意図的に何か働いたのではないか。いろいろなうわさが出ているが、真実を明らかにし、税金の無駄遣いをなくしたい」と話している。

同入札には、同社グループと三菱商事グループが参加。学識経験者らで作る外部委員会が両グループの設計から建設、運営までの提案を100点満点で点数化し、同市は66.2点の三菱商事側を落札者と決めた。原弘産側は63.8点だった。

訴状のなかで、同社側は、最も点数配分の多い入札価格(50点満点、5年間の運営費含む)について、原弘産側が約74億円、三菱商事側が約83億円と推測し、原弘産側が約23点リードしていたと指摘。

☆落札者決定取り消し求め提訴(中国新聞・地域ニュース)

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200610270084.html

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/960.html

下関市が公設民営方式で建設予定の社会教育複合施設を巡る「総合評価一般競争入札」で、落札できなかったグループの代表企業、原弘産PFIインヴェストメント(東京)は26日、下関市に落札者決定の取り消しなどを求める行政訴訟を山口地裁に起こした。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆またまた出ました!アベスキャンダル(きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061028

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

なお「きっこの日記」

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061028

には「アベシンゾーは、自分の地元のぜんぜん車なんか通ってない場所に、700億円もの税金をドブに捨てて、まったく必要のない4車線の道路を作ったりと、やりたい放題のムダヅカイをしてるけど」

については以下を参照されたし ↓

http://alcyone.seesaa.net/article/25548951.html

安倍首相の地元・山口県ではなぜか大規模公共事業が続行との報道(2006年10月16日の「低気温のエクスタシー」)

Japan Timesによると、安倍首相の地元である山口県では依然として大規模公共事業が続行されている。

マンハッタンばりの巨大な橋げたを林立。およそ700億円をかけて、通行車がそれほど見込めそうもない4レーンの巨大高速道路を建設しているとのこと。

さらに、韓国の港湾都市・釜山と国際競争しても勝ち目がないことがわかりきっている下関港に大規模な港湾岸壁も建設。

☆ White elephants from Abe's trunk(Japan Times。Sunday, October 15, 2006。ただしこの記事、現在はアーカイブ入りしてしまっているので、記事閲覧には所定の手続きが必要)

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fd20061015t3.html

When completed, the Hagi Misumi Roadway in Yamaguchi Prefecture will be an engineering masterpiece.

Snaking along the Sea of Japan coastline in Yamaguchi Prefecture, the four-lane highway will be elevated to a height of 50 meters, giving the motorists a spectacular ocean view. The route connects with tunnels drilled through the bottom of several mountains. If you happen to be anywhere near the project site, you can't miss it: dozens of towering pillars jab the skyline like Manhattan skyscrapers.

So no wonder the projected cost to taxpayers of the roadway's construction is so staggering: More than 70 billion yen.

(略)

The prefecture has spent the last few years developing a site envisioned to become a large-scale international port. Fully 147 hectares of land is being reclaimed and artificial islands created around Shimonoseki Port.

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《参考?記事いくつか》

☆安倍官房長官の地元・下関市長と広域暴力団の癒着を示す文書(山岡俊介取材メモ)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/01/post_9662.html

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/894.html

☆「安倍氏秘書が見返り金」、放火事件公判で検察指摘(朝日新聞)

http://asyura2.com/0601/senkyo24/msg/238.html

犯行の経緯について、99年の下関市長選の際、安倍氏が推した候補を支援した土地ブローカーに対し、当時の安倍氏秘書が300万円を工面したが、ブローカーはさらに安倍氏本人に金を要求。安倍氏が応じなかったため、暴力団と共謀して報復したと述べた。

☆NHK番組改編問題渦中に起きた、安倍晋三代議士事務所投石事件(「山岡俊介取材メモ」2005.01.22)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/01/post_13.html

http://asyura2.com/0601/senkyo24/msg/240.html

ところが、現場を見た地元記者は、こう証言する。
「事務所のガラスに素人でもわかる銃痕が2つ、ハッキリ残っていました。あれが火炎瓶のわけがない。さすがに銃撃されたとなると衝撃度が違いますから、自宅同様、火炎瓶ということで処理されたのでしょう」


☆記事紹介 山口県下関市し尿処理場談合疑惑「疋田氏と長時間密談 官製談合騒動の最中」(『長周新聞』) (2005.12.30 山岡俊介取材メモ)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/12/post_bb7d.html

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/760.html

下関市では、このし尿処理場建設を巡り、市長を巻き込んだ官製談合疑惑が持ち上がり、全国の疑惑の自治体のなかでも、もっとも公取が注目している案件との指摘もある。

その下関市のトップである江島潔市長が、官製談合の口効きをしたとも指摘されている疋田善丸氏その人と12月9日、市長室で長時間に渡り密談していたことをすっぱ抜いたのだ。

この疋田氏は、かつては地元の安倍事務所とも蜜月関係にあった。また、今回やはり談合の調整役を果たしたとされる地元コンサルタント会社の役員に、安倍事務所の元金庫番で、現在も水面下では安倍事務所と繋がっていると見られる奥田斉氏が就いている。

☆公取が注目の下関市し尿処理施設談合疑惑――安倍晋三代議士元大物秘書も関与か(2005.10.21 山岡俊介取材メモ)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/10/post_3557.html

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/760.html

もっとも、いくら安倍代議士の地元で、江島潔市長が安倍氏の強力なバックアップを受けており、その市長の疑惑が事実だとしても、安倍氏が責任を問われるわけではない。

だが、受注したクボタに有利な設計図を先にコンサルタントが描き、そのコンサルタント会社に地元・下関市の元大物秘書が就いているとなれば、安倍代議士も関係ないでは済ませられないだろう。

(略)

問題はこのパシコンが下関市に食い込めた理由。

「地元にAというコンサルタント会社がある。このA社が、反江島陣営を応援した地元コンサツタント会社を排除し、江島・安倍の意を受け、代わりに中央からパシコンを引き入れた。A社のK社長は選挙毎に安倍さんの選挙カーの運転を自らやっていたほど熱心な後援者です。それから、今回の受注はクボタだけでなくJVで地元建設会社2社もおこぼれに預かった。その1社、安倍さんに毎年、献金している寿工務店なんだが、同社社長とK氏は親戚関係にある。そして、共に江島氏が市長に就いてから突如、伸して来たんだ」(事情通)

そこで、念のため、A社の謄本を取ってみて驚いた。

監査役に奥田斉氏の名前があったからだ。

地元関係者が語る。

「奥田さんは地元の安倍事務所の最大の実力者、金庫番です。いまは秘書を辞めているが、その後も、安倍さんの資金面を担当していると言われている。安倍氏に献金しているMという港湾会社の役員に就いていたこともある。それから、江島市長との関係で言えば、江島さんは昔、安倍(晋太郎)事務所に出入りしていたことがあり、そのころ、もっとも慕っていたのが奥田さんだった」

☆公取が狙うし尿処理施設談合――具体的ターゲットに安倍晋三代議士お膝元・下関施設も浮上(2005.10.17 山岡俊介取材メモ)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/10/post_4583.html

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/760.html

いずれにしろ、同工事を巡っては異常な高値で落札されたり、談合に加わらなかったと見られる業者が市から入札参加外しをされる、また、市の担当部長が責任を押しつけられるのを恐れて就任わずか1カ月余りで退職するなど、数々の“状況証拠”があるのは紛れもない事実だ。

☆地元、山口県下関市の安倍事務所に現在も残っていた銃弾痕!?(山岡俊介取材メモ。2005.05.14)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/05/2005_1.html

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/750.html

山口県下関市の安倍事務所の裏手ガラス戸の網戸に2つの穴

☆安倍事件:火炎瓶襲撃で組長ら5人を再逮捕 福岡、山口両県警 (毎日新聞)

http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/973.html

00年6月27日午後5時半〜翌日午前9時ごろ、下関市東大和町1の安倍氏事務所に火炎瓶を投げた疑い。火炎瓶は窓ガラスに当たり、ガラス2枚を割ったが、事務所に火は移らなかった。

5人は同年6月17日の安倍氏宅、同14日の催事場への火炎瓶襲撃事件で元組員の男性(39)とともに逮捕されていた。

(略)

これまでの調べで、催事場への襲撃は4人が事務所がある建物と間違えて火炎瓶を投げたことが分かった。


posted by はなゆー at 03:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック