2006年11月01日

森喜朗元首相「参院選の争点は日教組と自治労を壊滅できるかどうか」

☆森元首相に聞く 参院選争点は「日教組壊滅できるか」(産経新聞)

http://www.sankei.co.jp/news/061031/sei001.htm

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1070.html

一番の問題は知事だと思うね。知事は必ず自治労と日教組と妥協するんです。それで次の選挙で応援させる。そうすればよほど失政がない限り、2期、3期はやれる。さらに4期、5期…。地方議会も知事の子分に成り下がっている。

だから日教組、自治労を壊滅できるかどうかということが次の参院選の争点だろうね。どう決別できるか。民主党にはできないんだから、自民党はそれを争点にすべきだと思うよ。

★だが、来年の参院選で自民党が日教組と自治労を悪者=スケープゴートに仕立てあげるのではないかということは、充分に予想可能なことなので、そう簡単に事が運ぶとは思えないのだが…。


posted by はなゆー at 13:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック