2006年11月12日

尾身財務相と現職閣僚がらみの複数のスキャンダルが浮上中

☆安倍内閣を直撃する“沖縄爆弾”(日刊ゲンダイ)

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2706678/detail?rd

http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1443.html

焼却炉建設を巡る話も自民党の関係者はヒヤリとしたのではないか。

この事業を巡っては自民党の大物国会議員の口利き疑惑も囁かれているからだ。

(略) 

「沖縄市のゴミ処理施設が実績のあるストーカー炉ではなくガス化溶融炉になった背景に政治家が関与したと指摘する文書が出回ったこともあります。大物議員の意を受けて、地元選出の議員が沖縄市幹部に口利きをしたという内容で、新規参入組のガス化溶融炉メーカーが札束を持って営業攻勢をかけていたのも間違いありません」(地元事情通)

ここに出てくる大物議員とは安倍内閣の現職閣僚だ。今後の展開が見ものだ。

★沖縄市のゴミ処理施設に導入された「流動床ガス化溶融炉」は事故が多発している機種であり、どうしてわざわざこちらを選定したのかは当事者に聞かなければわからないだろう。


posted by はなゆー at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック