2006年11月17日

フランス史上初の女性大統領が誕生しそうな気配が濃厚になった

フランス最大野党の社会党は、ブログ

http://www.segoleneroyalblog.com/

や動画付きオフィシャルホームページ

http://www.desirsdavenir.org/

など、インターネットを巧みに活用することにより支持基盤を拡大することに成功したセゴレーヌ・ロワイヤル(Segolene Royal)元環境相(53)を大統領候補に選んだ。

この人はいわゆる「婚外婚(事実婚)」をしていることでも有名だし、高校内での緊急事後避妊薬の無料給付や、父親にも2週間の産休を与える法案を発表したことでも有名。同性結婚(同性婚)の合法化にも前向きとされる。

政治スローガンは「Ordre juste=公正な秩序」と「Securite durable=恒常的安定性」。

フランスとはなにかと縁が濃い私の選挙予想では、このロワイヤル氏がおそらく次期フランス大統領に当選する(はなゆー予言)。

☆仏大統領候補、社会党がロワイヤル元環境相選出(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061117-00000002-yom-int

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/226.html

☆France Socialists vote for Royal(英国BBC。画面右上に動画ニュースあり)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/6152944.stm

Segolene Royal will be the French Socialists' presidential candidate at elections next year, after beating two rivals in a ballot of party members.

The 53-year-old mother-of-four hopes to become France's first woman leader.

She won a clear victory over former Finance Minister Dominique Strauss-Kahn and ex-Prime Minister Laurent Fabius, thus avoiding a second round of voting.

Ms Royal said she felt honoured by the result. "To be chosen in this way is something extraordinary," she said.

Speaking shortly before her win was formally announced, she added: "The hour now is for unity."

(以下省略)

☆フリー百科事典ウィキペディア「セゴレーヌ・ロワイヤル」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB


posted by はなゆー at 12:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フランス・仏大統領選 サルコジvsロワイヤル
Excerpt: フランス・仏与党民衆運動連合(UMP 右派)は14日、パリで
Weblog: ネット社会、その光と闇を追うー
Tracked: 2007-01-16 00:56