2006年11月22日

フランス大統領選は社会党ロワイヤル氏がサルコジ内相をリード

来年4月の仏大統領選。世論調査によると、社会党公認候補のゴレーヌ・ロワイヤル(Segolene Royal)元環境相がライバルのサルコジ内相を小差で上回った。

☆ロワイヤル氏、小差で優位=サルコジ氏上回る−仏大統領選(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061121-00000165-jij-int

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/409.html

世論調査機関IFOPが、予備選(16日)の結果判明後の17、18の両日実施した大統領選決選投票の動向調査によると、元環境相が51%、内相が49%だった。

★次期フランス大統領は十中八九、このロワイヤル氏になると思う。フランスで社会党の女性大統領が誕生した場合、日本の社会民主党が党名を「社会党」に戻してロワイヤル人気にあやかろうとするかもしれないが、このあたりはよくわからない。

☆ゴレーヌ・ロワイヤル氏のブログ→

http://www.segoleneroyalblog.com/

動画付きオフィシャルホームページ→

http://www.desirsdavenir.org/

★ロワイヤル氏はネットで自分の動画(演説など)を流すことによっても、支持を拡大してきた。ネットを選挙戦に活用する戦略に長じている選挙参謀がついているものと思われる。

posted by はなゆー at 08:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック