2006年12月06日

沖縄で米軍の損害賠償不払いが続き、日本政府が肩代わりして立替中

一九九八年に確定した第一次嘉手納基地爆音訴訟で米国が損害賠償金の分担金を支払っていない問題で、日本政府は米側の不払いが現在も続いていることを明らかにした。

☆米側の不払い続く/嘉手納爆音訴訟賠償金(沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200612051700_07.html

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/909.html

日本政府が遅延損害金を含め、総額十五億四千万円余りを肩代わりして原告住民に支払っている。

★このニュースは今後さらに広がりを見せるのかどうか、注目しておきたいところ。

posted by はなゆー at 06:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック