2006年12月06日

天木直人氏「沖縄知事選挙と創価学会」

☆沖縄知事選挙と創価学会(我ら言葉のほかに失うものなし)

http://www.tembosha.com/kd_diary/kd_diary.cgi?20061206

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/928.html

それは沖縄知事選においては期日前投票(不在者投票など)が異様に多かったという事である。そのネット情報によれば、前回、前々回の沖縄知事選での期日前投票がいずれも5万票台であったのにくらべ、今回はなんと11万票を超える数であったという。その数は投票総数669,142(無効を含む)のなんと16.52%にもあたるという。これは沖縄有権者の10.5%である。

(略)

しかも沖縄の期日前投票の7割にあたる8万票が仲井真候補に投票されているというのである。そういえば開票日の出口調査では糸数優位という報道がなされていた。糸数候補は期日前投票8万票に負けたのだ。

そのネット情報は創価学会員の「連れ出し作戦」について書いている。つまり学会員は早々と期日前投票をすませておいて、選挙当日は隣近所や買い物先の八百屋、魚屋のおっちゃん、おばちゃんを自分の車を運転して投票場まで送るという。車の中では候補者の名前を繰り返し囁くという。

こんな事が行われているとは知らなかった。これでは選挙に強いはずだ。

★来年の参院選ではこの「期日前投票」と、絶妙のタイミングで明るみになる(苦笑)野党議員のスキャンダルが猛威を振るいそうな予感がする。場合によっては北朝鮮の動きまでなぜかタイミング良く不穏になるかもしれない。

posted by はなゆー at 13:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2006年安倍自滅党ポスター その8:学会票
Excerpt: 創価であげたい戦果がある。 美味しい票田、学会票。 自滅党 トランシーバーを片手に散歩するのが風物詩のとある地域に、ルーマニア国旗を誇らしげにたなびかせる城が聳え立っていた。ある日の夕暮れ、その城に総..
Weblog: とりあえずガスパーチョ
Tracked: 2006-12-06 16:27