2006年12月11日

《史料》2001年参議院選挙における選挙違反=投票干渉いくつか

http://www.toride.org/study/e207_2.htm

http://tinyurl.com/yzolox

● 『千葉日報』(八月二日付)は、千葉県警捜査二課と勝浦署、新東京空港署が一日までに、有権者に候補者名を書いた紙片(しへん)を渡し投票所に入場させたとして、公選法違反(※投票干渉)の容疑で、建築会社役員、浅沼節子容疑者=(58)勝浦市新官=を逮捕、千葉地検に送検した、と報じた。

 報道によれば、浅沼容疑者は七月十二日午前、同行した六十六歳と四十九歳の知人女性に、公明党から比例代表に立候補し当選した魚住裕一郎の名前が印刷されたビラのようなものを渡したうえ、勝浦市役所の不在者投票所に入場させ投票に干渉した。

 また、二十五日午前にも別の知人女性(58)に同様の紙片を渡し、投票に干渉した疑いがもたれている。三人の女性とは仕事先などで知り会ったらしい。

 浅沼容疑者はいずれの女性に対しても「一緒に投票所に行こう」と巧みに誘い出し、自分の車で送迎。投票所に入る前に「この人にお願いします」と紙片を渡し持ち込ませていた。

 調べに対し浅沼容疑者は、「いくらお願いしても名前を間違えたり忘れることがある。だから間違わないように紙片を渡した」などと供述、「候補者を当選させたい一心でやった」と容疑を認めている。

 浅沼容疑者は普段から熱心な公明党支持者だったという。

 千葉県警は、組織ぐるみで投票干渉を行なった可能性もあるとして、浅沼容疑者を厳しく追及している。

 なお、千葉日報社には、木更津市内などでも投票干渉が行なわれたとの情報が寄せられていた、といい、中でも千葉市では投開票日の当日、運動員が、通常は投票者しか入場できない投票所まで勝手に入り込み、記載場所の隣で有権者に投票を指図する、という極めて悪質なケースの情報もあった、という。

 本紙の調べでは、浅沼容疑者は創価学会婦人部・副本部長の要職にあることが判明している。

● 『埼玉新聞』(八月四日付)は、先月二十九日の参議院選挙で、特定候補者二人の名前を記入したメモを持たせ投票させたとして、埼玉県警参議院選挙違反取締本部が三日、公職選挙法違反(投票干渉)の疑いで、羽生市須影六〇〇、介護福祉士、相良敏枝子容疑者(53)を逮捕した、と報じた。

 報道によれば、相良容疑者は先月中旬、羽生市役所の不在者投票所で、高齢者二人に、公明党の埼玉選挙区と比例代表の特定候補者二人の名前を記載したメモを持たせて投票させ、投票に干渉した疑いが持たれている。

 相良容疑者は老人介護施設に勤務しており、投票した二人は同施設の利用者だった。

 二人を車で市役所まで送迎し、投票所の受付まで付き添っていたという。

 相良容疑者は「間違いなく投票させるために、メモを持たせた」と、容疑をほぼ認めている。

● 『北日本新聞』( 七月三十一日付)は、富山県警が三十日、公選法違反(投票干渉)の疑いで高岡市戸出六丁目、公明党運動員の主婦、山内悦子容疑者(59)を逮捕した。余罪や組織的犯行の可能性もあるとみて、同容疑者宅を家宅捜索し、関係書類を押収した、と報じた。

 報道によれば、山内容疑者は参院選公示後の十五日、公明党の比例代表候補者(木庭健太郎)を当選させる目的で、不在者投票をする高岡市の知人男性(49)を高岡市役所まで送り、車中で「頼む」と言って支持する候補者名が書かれたメモを渡した。男性はメモを持って市役所の不在者投票所に入り投票したという。

 メモは細長く、手のひらに隠れるほどの大きさで、手書きではなかった。

 富山県警は三十日朝から高岡署で山内容疑者を事情聴取し、容疑を認めたため逮捕。同日夜、山内容疑者宅を捜索し、段ボール箱大のプラスチックケース数個分の証拠書類などを押収した。

● 『徳島新聞』(七月三十一日付)は、徳島県警の参院選挙違反取締本部と板野署が三十日夜、不在者投票で自分が支援する候補者に投票するよう有権者に干渉したとして、比例代表で当選した公明党の福本潤一の支援者で創価学会上板支部長の、上板町七條、会社員田中豊繁容疑者(53)を公職選挙法違反(投票干渉)の疑いで逮捕した、と報じた。

 報道によれば、田中容疑者は、参院選の不在者投票期間中だった七月二十二日午後、上板町内の無職女性(78)を町役場の不在者投票所に乗用車で送迎。支援する福本の名前を書いたメモを手渡すなどして、投票を指示した疑いが持たれている。干渉を受けたとされる女性は、田中容疑者と顔見知りではなかった。

 今回の参院選は比例代表で非拘束名簿方式が初めて導入され、政党以外に候補者の個人名でも投票できるようになった。このため、公明党は福本氏を中四国九県の重点候補と位置付け、党の支持母体である創価学会も支援していたという。

 徳島県警は、田中容疑者が、ほかにも同様の手法で投票に干渉したケースがあるとみて、詳しく調べているという。

● 『佐賀新聞』(七月三十一日付)は、佐賀県警捜査二課と佐賀署が三十日、公選法違反(投票干渉)の疑いで、佐賀市水ケ江二丁目、洋服店経営石浩美容疑者(41)を逮捕した、と報じた。

 報道によれば、石容疑者は、七月十五日午後四時過ぎ、知り合いの佐賀市内の女性(78)を佐賀市役所内の参院選不在者投票所に車で送迎。公明党比例代表候補の木庭健太郎の名前を記したメモを持たせて投票所に入場させ、女性の投票に干渉した疑いが持たれている。

 石容疑者が不在者投票所の入り口で『木庭と書くように言ってある。メモを持たせてある』などと選管職員に話したのを佐賀署員が聞いていた。

 石容疑者は、メモを渡したことについて否認しているという。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

《創価学会からの脱会者である「遊牧民」氏の記述》

☆創価学会の伝統である「投票日当日の選挙運動」を厳しく監視しよう!(遊牧民のメディア棒読み!)

http://blog.goo.ne.jp/nakanisi-sakai/e/645af924fe0a8a86bca9bb4817716fdf

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/186.html

☆創価学会=公明党の選挙違反を厳しく監視しよう!(遊牧民のメディア棒読み!)

http://blog.goo.ne.jp/nakanisi-sakai/e/b543aea3ab7dc7ee4b45588c7f720343

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/257.html

posted by はなゆー at 11:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック